がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がんの罹患率の上昇に伴い、今後生命保険会社等が販売する保険料はどうなるでしょうか?

がんに対する保険料は今後どうなる?

がん保険の保険料は?

がん保険っていくらなのでしょうか?保険料については、各保険会社によって違いがあります。各保険会社によって保険料が異なるのは約款の違うからと言う事もあります。保険料が安かったので加入したが保障の内容があまりよくなかったとならないように契約内容はよく確認することが必要です。

保険のプロが見た今後のがん保険の保険料はどうなる?

しばらくは、がん保険の保険料は上がることが予測されます。

「教えて!がん保険」の独自の考えになりますが、今後のがん保険料は、値上がることはあっても値下げはないと考えます。理由はがん罹患率の向上が続いているからです。

がんになる人が増えますと、保険会社は支払いが増えます。支払いが増えると経営が圧迫されますので、保険料は値上となることが考えられます。

もし、がん保険の保険料が下がる事と言えば、社会全体で、がん検診の費用が下がることと、がん検診の受診率の向上と更なるがん検診の高精度化になることです。

  • がん保険料の値上げ要因

がんが発見される技術が進歩して、高齢化社会によってがんを発症させる人が増えていくならば保険会社は「がん」に対する保険料を値上げや実質上の値上げ(保障内容を悪くする)とする可能性があります。

  • がん保険料の値下げ要因

日本が国を掲げて食生活の改善に取り組み、欧米のようにがんの罹患率が下がるようになれば、がん保険の保険料は値下げとなると思われます。(現在では特別な取り組みをしていないので、しばらく日本人のがん罹患率は下がらないと見ておくことが一般的ではないでしょうか。)

現段階の日本人のがん検診の受診率は20%台の水準。これをもっと高めて、早期のうちに(ポリープの段階や上皮内新生物など)治療を行えることになり且つ、悪性新生物の段階での治療が減れば、その分医療費が抑えられますので、この場合はがん保険の保険料は下がることが予想されます。

「がん保険」に限らず生命保険の特約にあります「がん特約」「がんに関連する保障の特約」このような保険商品は今後値上げとなるのではないか?と見ておく必要があります。

保険会社によっては商品を改良し、改良前よりも見劣りする商品に変更となっている保険商品も出てきました。改悪と呼ばれる保険です。

がん治療では外来による治療(放射線など)が増えてきました。これからも、がんの患者さんが増えると推測されますので、がん診断給付金は値上げ傾向。がんの治療は働きながらできるように外来が多くなっていることから通院給付金は値上げ傾向、入院給付金は値下げ傾向になると考えられます。

がん保険加入のタイミングを逃がさずに

健康に自信があり、当面病気も考えづらくても後から追加加入ができるようにまず、少額な保障の保険からはじめるのも1つの方法です。

保険料が値上げとなってから、がん保険を用意するのか?値上げとなる前に用意するのか?医療保険やがん保険の生命保険商品はいつ加入するのがベストなのか?

保険を加入するタイミングには正確な答えがありませんので、とても難しいのですが、参考までに加入のタイミングを4つ紹介します。

  • あなたの周りの人が(同級生や先輩、知人)がんになった時
  • あなたが、医療保険やがん保険を必要であると感じた時
  • 保険料が値上げとなる前(誕生日の前月に加入をする)
  • 保険商品の商品改定前後どちらか(情報をつかむ事が重要)

医療保険やがん保険を加入せずにタイミングを逸してしまわないように注意してください。大きな病気をした後には保険加入が難しくなってしまいす。

がん保険のご相談、お見積りに関して

相談料は無料です。
お見積りも無料です。
お問合せはお気軽に!

「教えて!がん保険」を見たと申付けください。

0120-27-3954

ごあいさつ

教えて!がん保険
代表 高倉秀和

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954