がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん保険をおすすめする理由

がんの罹患率の上昇、高騰する医療費に備える。そんな理由で「がん保険」をお勧めします!

あなたに「がん保険」をおすすめします!

がんという病気が良く分からないので、がん保険は必要なのか?分からないわ。

がんという病気はとても奥深く、よく分からない病気といえます。人によってもがんに対する知識の度合いが異なりますし、当サイトのようにがん保険は必要という人もいれば必要でないという人もいます。

がんの種類やがんの治療法、お金のことなどがん保険の必要性について説明しなくてはならないことは沢山ありますので「教えて!がん保険」を見ていただき参考になるところは参考にしてください。

どうして「がん保険」がおすすめなの?

保険商品というものは多くの種類があります。数多くある保険を販売する上で、お客様から「入っていて良かった」と感謝されるのが、この「がん保険」です。がん保険をおすすめする理由をご紹介します。

がん保険をおすすめする第一の理由は日本人のがんの罹患(りかん)率にあります。日本人のがんの罹患率は年々上昇傾向にあり、罹患率※は男性62%は女性46%です。日本人のほぼ2人に1人の確率です。

※出典:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがんに罹患する確率
〜累積罹患リスク(2011年データに基づく)

「教えて!がん保険」が、がん保険をおすすめする理由はこの罹患率の他に3つの理由があります。

がんの罹患率はこちらをクリック

がん治療は長期になる可能性が高い

がん治療は長期になることを聞いたことがあるかと思います。がんは治療終了後には、約5年間、経過観察のために通院をする場合がほとんどです。がんは、ここが一般的な内科の病気やお怪我と根本的に違うところで、がんは大病と言われるのだと思います。

一般的な内科の病気や怪我による治療や投薬は通常、健康保険を使用しますので自己負担額は2~3割ですみます。それに高額療養費制度を使用すれば一般所得者の年収約370万円~770万円の人であれば80,100+(医療費-267,000円)×1%程度の支払いで済みます。つまり、短期間の治療で治る病気や怪我であれば家計にとって大きな打撃となる可能性は少ないようです。

ところが、「がん治療は長期になるのでお金がかかる」そんな言葉を聞いたことがあるかと思います。一回一回の治療費が家計に大きく影響しない金額だとしても、治療が何年も続くとなれば、家計に大きな負担を与える事も考えられます。

これとは別に病院に治療にも付随した費用である交通費などの雑費、治療費とは別の食生活の改善や健康食品などの購入費用など間接的な損失が出る場合も考えられます。

健康保険について詳しくはこちらをクリック

有職者の人が、がん治療がはじまると、体調面を考慮してさすがに治療前と同じような仕事ができなくなるばかりか、本人の思いとはうらはらに職の変更を余儀なくされる人も少なくありません。がん治療がはじまると、全てではありませんが生活環境も変わる可能性があると認識された方が良いかと思います。

がんと診断され雇用継続を希望された人の中で、3人に1人は異動・転職をし、収入については、診断後に4割減っているというアンケート結果によるデータ※があります。

※NPO法人がん患者団体支援機構、ニッセンライフ共同実施

がんと仕事の関係について詳しくはこちらをクリック

保険に入りづらくなるからです

保険会社アフラックのCMで、「医療保険には入っていたけど、がん保険には入っていなかった。」と残念なことにMさんはがんになってはじめて、がん保険の大切さに気が付くという設定の内容です。がんになる前と、なった後に大きな気持ちの変化があることがわかるCMです。

がんに罹ると、医療保険がん保険への加入がかなり難しくなります。がんの治療が終わって、完治をして仮に保険商品に加入する事が出来たとしても、通常の保険と比較すると保障が悪かったり、保険料が割増になったりするケースがほとんどです。ですので、がんに罹りますと今あなたが加入している保険を生かすしかありません。その時にあなたが加入している保険が、がんと闘う為の保障となるのです。

一生涯で日本人の2人に1人はがんになる?

日本人のがんに対するイメージ

一般市民には、がんという病気は生死に関わる怖い病気というイメージがまだまだあると思われます。ですが、がん治療の技術が良くなっていることと、がんは早い段階で見つけることができれば治療することにより根治を目指せる病気となりつつあります。

がんは離れたところへ飛んでいく性質(転移)があります。そのようながんが残った場合、一般のがん(例えば、胃がんや大腸がんなど)では術後の経過とともにしだいに増殖して致命的な結果となります。そして、5年目までには、その殆どが発症してしまい、それ以後に再発してくる例は稀です。その、がん治療の完治の目安とされるがんの5年生存率は全がん平均で6割になります。がんの5年生存率の中には甲状腺がん、精巣がん、乳がんのように5年生存率が8~9割を超えるがんもあります。

そんながんは私たちにとって身近な病気であると言える反面、「自分はがんにはならないだろう」という考え方をもった人が多いように思われます。

がんは治療よって治るがんもありますし、治療を続けることによって仕事と治療を上手に両立できる場合もあります。がんに罹ったことのない人は、がんは不治の病というイメージがあったり、がんに対する知識不足があるという事が言えると思います。

今や、日本人の2人に1人はがんになる時代です。もし本当かな?と思われた人は聞ける事ならがん治療をされている医師に聞いてください。あなたが、がん検診を受けてなければ、がん検診の受診をすすめてくれるはずです。早期発見のためがん検診備えとしてがん保険の加入をする事。この2つはとても重要なことなのです。

問題は日本人のがんに対する意識の低さ

がんに対する意識が低いと実際にがんになった時の精神的ショックは大きい

(2006~2007年)イギリスの乳がん検診は73,8%となっておりますが、日本ではこの時(2013年)の乳がん検診は20,3%※となっています。

※詳しくはがん検診の受診率を参照

日本人と欧米諸国にこれだけ差があるのは不明ですが、1つ言えることは日本人のがんに対する意識は先進国と比較すると低いのではないか?と思います。

「自分はがんにならないだろう」と考えていたとすると、がんになった時の精神的ショックは大きいものになると思われます。「自分はがんになっても心の準備はできている」とこのくらいの気持ちが必要です。

がんという病気を知ることで、早期発見・早期治療の可能性が高まり、保険やお金の準備が出来ていれば、もし、がん治療がはじまっても助かる可能性が高まるかもしれません。

がんという病気を知る

「教えて!がん保険」へようこそ!

代表の高倉 秀和です。

代表者ごあいさつはこちら

「教えて!がん保険」のホームページへようこそ。私は、当サイトを運営する「あおば総合保険株式会社」代表の高倉秀和(タカクラ ヒデカズ)と申します。

がん保険のサイトを立ち上げよう!そう思ったのは「きっかけ」がありました。

私が、保険の仕事の年数を重ねるごとに「がんに罹る」がとても増えてきていると印象を受けます。これは当たり前のことですが、がんという病気は加齢に伴う疾患でもありますので、私が年をとるにつれてお客様も年をとりますから増えるのは当たり前だとは思います。ところが、がんが増えている理由は加齢が原因だけではないようです。

がんに罹ると金銭的な不安のほかに、精神的な不安が重圧となります。そんな時に「がん保険」の加入があることで、保険の給付金が期待できるから治療を続けられることで、金銭的や精神的な不安が解消されることもあるのです。

がんという病気は患者さんにとってとてもデリケートな面があります。勇気を振り絞って会社にがんのことを伝えたら自分は働きたいのに会社からは「退職をすすめられた」そんなこともあります。

そんながんですが、今の日本人には、がんという病気から避けて通れない環境にあると言えます。

食の欧米化に塩分の取りすぎ、食品添加物、偏食、アルコールの多量摂取。喫煙や受動喫煙、などの生活習慣。PM2,5といった大気汚染、放射線などといった外的要素。このように現代人は発がん性物質にまみれた生活をしていると言えます。

タバコも吸わない、遺伝でもない、健康には人一倍注意していた、そんな人もがんになったりすることも不思議ではありません。

がん保険や医療保険に限らず、生命保険商品という商品は人からすすめられたものを加入するのではありません。しかし一般の人は保険の考え方や商品の特徴、メリットとデメリットなどが分かりづらいものです。

「教えて!がん保険」は、一般の方には難しい「がん保険」「医療保険を中心に、皆さまが日ごろから疑問に思われるのではないか?そんな保険の分かりづらいところに、保険のプロがお伝えする構成としました。

  • がんと周辺知識
  • がんと保険について
  • 医療保険とは
  • がん保険とは
  • がん保険の種類
  • がん保険選びのアドバイス
  • がん保険賢い加入方法
  • がんとお金について
  • がんと治療について
  • 当サイトからお伝えしたいこと

そのような疑問や一般の人にはわかりづらい保険の事について、ひとつひとつこのサイトでお答えいたします。

がん保険をおすすめするのはこんな理由も!

教えて!がん保険」が、「がん保険をおすすめする理由」には上記の他にも次のことのような可能性を考えています。

  • がん保険の保険料はがん罹患率に伴い今後値上げするのではないか?
  • 高齢化社会に伴い、健康保険制度は現行制度を保てるか不安。制度は少しづつ悪くなり将来治療費の自己負担は増えるのではないか?
  • がんとうまく付き合いながら更にがん治療は外来(通院)が増えていくのではないか?
  • 新しく出来てくるがん治療の費用。保険も定期的な点検が必要になるのでは?

国は医療費抑制政策のために今後、がん検診を推進してくれることが予測されます。国が、よりいっそう、がんの早期発見、早期治療という構図を作ることを確立できれば病院によっては最新機器、最新技術の導入により今までよりもがんは早く発見される事が期待できます。早期治療ほど生存率が高まるわけですが、発見される前にがん保険を用意しておいてください。

今後がん保険の保険料はどうなる?

  • がん罹患率上昇に伴い、保険会社各社のがん保険の保険料は、今後下がるとは考えづらく上がる可能性があります。
  • 高齢化社会に伴い健康保険制度は良くなるとは考えにくく長期治療となる「がん治療」には今後、更にお金が掛かる可能性があります。
  • がんの通院(外来)治療が増えています。入院を保障する(医療)保険は外来治療は支払い対象外となる恐れもあります。
  • がん治療方法の進化に伴い保険も進化しています。イザという時に保険が充分でない※恐れもあります。

※がんの治療は部位によって新たな治療方法が次々と出てきてくれます。そんな治療方法の進化に伴い、がん保険も進化しますので、定期的な保険の見直しは必要なのです。

こんな方には特におすすめです。

全ての人に「がん保険」はおすすめですが、こんな人には特におすすめです!

  1. 自営業の方
  2. 会社の代表者
  3. 遺伝性がんの可能性がある人
  4. 家族の中で「がんに罹った人がいる」人
  5. ストレスを感じやすい人
  6. 食生活が偏っている人
  7. 喫煙されている人、喫煙されていた人

お問合せはこちら

「教えて!がん保険」のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は基本はメールにて、お急ぎの場合はお電話にて受け付けております。

がん保険に関することなら、お気軽にお問合せください。

よくあるご質問
  • 説明や契約は、こちらまで来てくれるのでしょうか?
  • 相談料とか掛かりませんか?
  • 月々3,000円くらいの保険料でお見積りをお願いできますか?

メールからのお問合せを推奨しております。

※お電話は集中して掛かりづらい時がございます。

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954