がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

医療保険のみに加入している方

医療保険に加入していれば、がん保険は必要ないのではないか?そんなお客様からの意見があります。確かに医療保険はどんな病気やケガでも万能に保障できるところがありますし、がん治療のために入院をすれば入院給付金が給付されます。

しかし、医療保険だけに加入していた人が、がんに罹患するとほとんどの方がこのように言います。「がん保険に入っておけば良かった

何故そんな意識になるのでしょうか?下記ページで説明します。

がん治療には医療保険だけでは足りないの?

医療保険は一般的に病気やケガで入院した時に支払われる保険です。医療保険の加入によって、あらゆる病気やケガの入院時のリスクに備えることができます

しっかりとした医療保険に入っておけば、他にがん保険やケガを補償する傷害保険には入らなくて良いか?そうとは言えません。それは何故でしょう?

医療保険に対して、がん保険は保障内容ががんに特化している商品構成が特徴的と言えます。

例えば、がん診断給付金(一時金)があれば、がん(悪性新生物)と診断確定されたらがん診断給付金(一時金)で定めた保険金額の100万円や200万円といった保障が得られますし、またがん治療の為の通院の特約があれば、外来治療の治療費の補填にもなり、想定されるがん治療に備えることができるという特徴的な保障が医療保険とは違う点といえます。

医療保険とがん保険の大きな違い

  • 医療保険→病気やケガで入院した時を保障できる保険商品
  • がん保険→がん治療に特化した保険商品

また、最近のがん治療は短期入院→長期外来治療が一般的になりつつあるので、入院した日数に応じて給付金を得られる医療保険だけでは安心とは言えないのです。

がん診断給付金へ

医療保険だけ生かすのであれば、がんの保障を手厚く

「医療保険」と「がん保険」両方準備しておきたいが、その分保険料が高くなる。保険料を抑えたいので医療保険にがんの保障を付けたらどうか?そんなお客様の声があります。

医療保険の特約に、がん診断給付金(一時金)やがん治療の入院日数給付金が無制限で支払い対象になる商品も保険会社によってあります。つまり、医療保険の商品をうまく活用し、がん治療に備える事は出来ます。

単純に「医療保険にがんの特約を付ければがんに対しての備えは十分じゃないのかな?」と思われる人もいるかもしれません。しかし、医療保険のがん特約はあくまでも特約。一般的にがん特約と主契約のがん保険を比べると保障内容や付帯サービスは「がん保険」の方が手厚いことが多いので医療保険とがん保険はそれぞれ分けて加入する方が安心と言えます。

がん入院給付金へ

がん治療は外来(通院)治療が増えてきました。

医療保険の性質として病気やケガで入院や手術をした時に掛かる治療費や仕事を休んでしまった時の休業保障を補填するそんな考え方があります。

ところが、最近のがん治療は短期入院→外来(通院)治療が増えているのです。

がん治療は外来(通院)治療が増えている現在では医療保険に加入していたとしても入院期間が短いのであれば医療保険だけでは充分な保障とは言えない場合があります。がんという難しい病気には何種類か治療の方法もあり、その為、この治療費にはいくら掛かるか?治療以外のお金はいくら掛けるか?そんなケースに遭遇する場合が考えられますので、使い道が自由な「がん診断一時金」を受け取れることができれば「いくら掛かるか?いくら掛けるか?分からない費用」に充当することができるのです。

よって、入院や手術のみを保障する医療保険だけでは、がん治療に掛かる(掛ける)お金をとても充当できないといったケースが生まれるのです。

1つ例を見てみましょう。AさんとBさんの違い

Aさん あらゆる病気やケガのリスクに備えて医療保険は日額10,000万円と考えていた。入院給付金が10,000万円なので、がんになっても1日10,000円の入院給付金と手術給付金があれば足りるだろうと思っていた。

Aさんの保障内容→医療保険日額10,000円(1入院60日型)特約で手術給付金に加入

Bさん 病気入院よりも怖いのはがん。医療保険を日額5,000円にしてでも「がん保険の診断一時金は必要」と考えていた。

Bさんの保障内容→医療保険日額  5,000円(1入院60日型)特約で手術給付金に加入 +がん保険 診断一時金100万円に加入

※AさんとBさんは同じがん(悪性新生物)になってしまったと仮定します。

※AさんもBさんも全く同じ治療方法で同じ病院で治療していたと仮定します。

※AさんもBさんも入院期間は7日間でその後は放射線治療のために通院治療となります。

がん通院給付金へ

Aさん医療保険のみに加入

入院日数7日間 腹腔鏡手術あり

10,000円×7日=70,000円

手術給付金 20万円

合計 270,000円

 

Aさんの医療保険の給付は270,000円となりました。

これから通院治療が始まりますが、今回入院と手術した治療費の支払いと今後の治療費の支払い、交通費、収入減のことを考えると不安が残るます。

Bさん医療保険+がん保険に加入

入院日数7日間 腹腔鏡手術あり

5,000円×7日=35,000円

手術給付金 10万円

がん診断一時金 100万円

合計 1,135,000円

Bさんの医療保険とがん保険の給付は1,135,000円となりました。

今回入院と手術した治療費の支払いと今後の治療費の支払い、交通費、収入減があっても当面はなんとかなりそうな金額です。2年後にがんが転移して治療したとしても、がん診断給付金100万円が出るので精神的に楽な気持ちになれました。

Aさんは日額10,000円の医療保険に加入していたものの、入院期間が少なかったので自分で考えていた以上にがん治療で受け取れる給付金が思うように出ませんでした。

Bさんは医療保険とがん保険を両方加入していたのでAさんと比較すると4倍以上の給付金受け取り額になり、大きな違いが出ました。

がん保険受取額のシミュレーションへ

次ページ保険がよくわからない方へ

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954