がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

医療保険とは

がん保険を検討する上で大切なことは医療保険も同時に検討する必要があります。がんという病気と闘う上で長期治療となる事がある「がん」は医療保険の加入だけでは金銭的に足りないことがありますので、医療保険だけで心配な方は個別にがん保険を用意しましょう。がん保険と医療保険の上手な保険を掛ける方法を教えていきます。

医療保険が必要な理由

医療保険は何のために必要かといいますと、公的医療保険では足りない分を補うために必要な保険です。誰もが皆、盲腸や痔ろうなどの短期間で治療がすむ病気しか患わないのであれば、極論として公的医療保険と貯蓄があれば医療保険の加入は必要ないそんな考え方もできます。

しかし人間は重い病気を患ったり、開腹術、胸術などといった体にダメージが残る手術が必要な時があります。このように大きな手術を受けたりしますと、日常生活に戻るまで時間も掛かりますし、治療費の自己負担分は高額になる恐れもあります。また退院後に仕事に復帰しても、あまり無理な事(残業など)はしばらくできないことも想像できます。人間の体ですから、手術の後には多少なりとも後遺症が残ってしまうことも考えられます。

健康保険制度も治療費などを100%保障してくれるものでもありませんので、有職者であれば治療費が掛かり残業代も少なくなるとなれば、家計に与える金銭的不安が残ります。

「病気はしないと思うけど、お守りとして保険に入っておこう」そんな理由で保険に加入する人も多いかと存じます。医療保険は貴方が病気をした時に掛かる経済的損失お仕事を休業した時の損害を補てんするための保険です。

どんなに性能が良い車でもいつも稼働している車ならメンテナンスを怠れば車に不具合が生じるでしょうし、メンテナンスを行っていても車にはいつかは壊れて最後は寿命を迎えます。

人間の体も同じように一生涯健康という人はいないと思われます。全ての人間はいつか、どのタイミングかで病気で治療を受ける可能性があるのです。突然の出費に備えるだけでなく、一度病気をすると医療保険には加入しづらくなりますので健康なうちに医療保険を用意しておく事をおすすめします。

病気をしたら加入が難しくなる

一般的に病気の経験をした事がある人は「病気で入院した時、保障される保険(医療保険)に入りたい」と言います。これとは逆に保険会社は病期をした事のある人には、保険(医療保険)の加入を難しくします。

例えば、民間の医療保険に加入する1週間前に、風邪をひいたようなので医者から処方された薬を飲んでいた、保険加入の1週間前に虫歯が痛かったので歯医者で診察をしてもらった。そんなちょっとした病気と思われる場合でも保険会社は原因は他の病気の可能性がゼロではないので医療保険にすんなり入れてくれません。

風邪だと思ったら○○の病気だった、虫歯が痛いので歯医者で検査したら痛みの原因は悪性腫瘍だった、そんなケースもありますので、保険会社はこれから先どうなるかわからないリスクがあるお客様はすぐには迎え入れてくれないのです。

風邪や虫歯による歯痛でしたら、治療後に治れば医療保険の加入はできますが、例えばあなたが生活習慣病に罹っていて治療を受けた事があれば保険会社はすんなりと医療保険に入らせてくれません。

保険会社の審査は結構厳しい

告知で加入する事ができる医療保険。テレビのコマーシャルでも医療保険は宣伝しています。他にも生協などの医療共済や保険代理店から医療保険を勧められた、そんな事も一度はあることでしょう。

ところがこの医療保険は、お客様が保険に加入しようと告知書に記入する際の告知事項に引っかかる場合が少なくありません。告知書に過去の病歴などを記入して保険会社に申込書と合わせて告知書を提出後に「引受不可」「引受の延期」「条件付き契約」「割増保険料」等となるケースがあります。

ですので、医療保険に限らず民間の保険に加入するには健康なうちに加入する事が良いのはいうまでもありません。

医療保険の加入がない状態で病気に掛かると治療に掛かるお金(治療費、その他雑費)は自己負担になってしまう。

契約者が考えているよりも、医療保険加入の審査は厳しい。(過去5年以内の入院や手術、健康診断で指摘事項(要再検査・要精密検査・要治療)があると病状によっては完治していても難しくなります。)

がん(悪性腫瘍)を罹ってしまうと普通の医療保険の加入は相当厳しくなります。また大病、生活習慣病なども完治してから5年間は普通の医療保険に加入することはできなかったり条件が付いてしまうことがあります。

※保険会社の審査は契約者が考えるよりも厳しいものと認識しましょう。

健康体でなくても引受緩和型の医療保険があります。最近は引受緩和型医療保険も人気があります。もし、一般的ながん保険、医療保険に加入できない場合は、引受緩和型医療保険の加入を検討ください。

引受基準緩和型医療保険へ

医療保険で考える経済的損失とは

病気をして治療をすると、当たり前ですが病院に治療費を支払わなくてはなりません。風邪で一週間の通院といった軽度な病気であれば、治療費も千円単位のお金で済みますが、入院して手術となるような病気であればそうもいきません。病気の種類によっては一回の入院、手術で完治できるものもあれば、長期治療が必要な病気もあります。

医療保険の加入目的は第一に入院や手術をした時に掛かる医療費のお金を補てんするものです。病気で入院、手術、退院して通院となりますと治療費にお金が出ていくばかりでなく、交通費や車のガソリン代、雑費等にもお金が掛かってきます。

治療費、治療費の他に掛かる入院に伴う間接的な費用収入の経済的損失の補填として医療保険が役に立つ場合があります。

がん治療と収入の減少へ

医療保険で考える休業損害とは

病気やケガで入院をすることになりますと、上記のような経済的損失の他にお仕事を休まれた時の休業損失が考えられます。休業損失はについては自営業の場合ですと国民健康保険になりますので、お仕事を休まれた分がそのまま損失となりますが、サラリーマンの場合は健康保険になります。サラリーマンの健康保険には傷病手当金がありますので一般的にサラリーマン自営業者によって休業損害の経済的損失の額が違うと理解しておくのが良いです。

  • 健康保険の傷病手当金

サラリーマンの場合、病気やケガで仕事を休んだ時に支給される条件を満たせば傷病手当金が受けられます。傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

支給される期間

支給開始した日から最長1年6ヵ月です。これは、1年6ヵ月分支給されるということではなく、1年6ヵ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間も1年6ヵ月に算入されます。支給開始後1年6ヵ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。

支給される金額

傷病手当金は、1日につき被保険者の標準報酬日額の3分の2に相当する額(1円未満四捨五入)が支給されます。標準報酬日額は、標準報酬月額の30分の1に相当する額(10円未満四捨五入)です。給与の支払があって、その給与が傷病手当金の額より少ない場合は、傷病手当金と給与の差額が支給されます。

(例)標準報酬月額300,000円(標準報酬日額=10,000円)の場合 1日につき10,000円×3分の2=6,667円(50銭未満の端数は切り捨て、50銭以上1円未満の端数は切り上げる)

出典:全国健康保険協会

  • 国民健康保険には傷病手当金がありません

自営業者の場合、国民健康保険になりますから上記の傷病手当金の制度がありませんので給付対象外となります。

医療保険を選ぶ時、例えばサラリーマンの場合と自営業者の場合で比較するならば、サラリーマンよりも自営業者の人の方が保障を手厚くしておく必要性があるのです。

健康保険について

医療保険だけでは、がんの保障にならないの?

医療保険は入院や手術の時は保障があるので安心だけど、長くなるがんの外来治療には向かない、そんなケースもあるのね。

医療保険に入っていれば、がんの時だって保険金は出るだろうからがん保険は必要ないのではないか?と思われる方も少なくないでしょう。

ところが、最近のがん治療は、外来による治療(放射線、抗がん剤)が増えていますので、基本的に入院等を保障する”医療保険だけ”に加入していても、保障があまり受けられないケースが考えられます。

医療保険の特約に、がんの保障を手厚くできる「がん入院」「がん診断一時金」などの加入があれば、ある程度安心です。ただ、医療保険のがんの保障は特約ですので、通常のがん保険と比較すると保障が手薄かったりします。

例)医療保険の特約である、がん診断一時金は一回のみ、がん診断一時金の上皮内新生物は対象外など

病気やけがで入院した時の為の保障として、医療保険を用意しておく。がんに対する備えは、がん保険を用意しておくとより安心と言えます。

がん保険受取額のシミュレーションへ

お問合せはこちら

教えて!がん保険のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は基本はメールにて、お急ぎの場合はお電話にて受け付けております。

よくあるご質問
  • 説明や契約は、こちらまで来てくれるのでしょうか?
  • 相談料とか掛かりませんか?
  • 月々3,000円くらいの保険料でお見積りをお願いできますか?

※お電話は集中して掛かりづらい時がございます。
※基本は、まずメールにてお問合せを承っております。

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954