がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がんという病気の周辺知識

「教えて!がん保険」がお伝えするがんと言う病気の周辺知識

がんという病気の周辺知識

がん保険を知る前にがんという病気を知っておくとよいと思います。がんと言えば昔は死を連想させられましたが、現在は早期発見・早期に的確な治療ができれば根治を目指せる病気といえます。ところががんの中にはがんの進行が急激な珍しい種類もあるのが、がんの難しいところとも言えます。

また、がんについては間違った情報が沢山あふれているように思われます。例えば、全てのがんは治療しても治らずに死に直結するのではないか?といった誤った情報、がんという病気を知らない人によるがんという病気への偏見、そして「がん保険」は必要ないのではないか?という情報です。

そんながんですが、現代では日本人の2人に1人以上が、がんに罹ると言われています。がん保険の内容を知るのも重要ですが、「がんについて知ること」も重要と「教えて!がん保険」は考えています。

がんになる前に、がん保険を知る前に知っておくべきことは?

  • どうしてがん保険が必要なの?
  • 日本人はがんになる確率ってどれくらい?
  • がんの入院期間ってどれくらい?
  • がんってどんな病気なの?
  • がんになるとどのようにお金がかかるの?

など、がんの周辺知識を教えます。

あなたの大切な人ががんになった時は?

がんという病気はなった人にしか辛さがわからないと言います。

あなたの大切な人。両親や家族や親戚、友人、仕事の同僚など身近な大切な人や知り合いが、がんになっても全く不思議な事でも、決して運が悪いわけでもありません。その理由は日本人の多くの人に、がんになるリスクがあるからです。

それらの人が、がんになったらどのように接していけばよいでしょう。がんになると身体的な苦痛、機能の低下、精神的な落ち込みなどから掛けてあげられる言葉は難しくなります。

がん患者さんはがんという病気を24時間向き合っていますので、その想いを共有してあげてください。

がんについて正しく理解する

がんという病気はがんになったその人が何かをしたから、あるいは何かをしなかったからではありません。がんという病気を正しく理解し、間違った知識のよってがんに罹った人とそのご家族が傷つくことのないように配慮が必要です。

がんになった人、そのご家族の価値観を尊重する

病気になってからの時間をどのように過ごすかは、その人の生き方や価値観によって様々です。がんになった人やそのご家族の考えが、あなたと異なっていたとしても、がんになった人やそのご家族が納得して過ごせることが重要です。

できるだけ今までと同じように接する

がんという病気になることは、がんになった人とそのご家族にとって大きな人生の変化です。しかしそのために、人格が変わってしまったり、その人らしさが失われてしまうわけではありません。多くのがんの患者さんやご家族はできるだけ今までと同じように接してほしいと望んでいます。

    がんになった人、そのご家族から相談を受けたら相手の話に耳を傾ける

    がんになった人やそのご家族は、医師から説明を聞いたり、情報を集めたりして納得のいく選択をしようとしています。しかし様々な意見を聞いてもなかなか結論が出せなかったり、一度決断した後に「本当にこれでよかったのだろうか?」と思い悩んだりすることもあります。

    このようなとき医師や看護師、家族でもない、あなたのような第三者の意見を聞いてみようと思うかもしれません。そんな場合は相手の話しに耳を傾けるようにしましょう。そしてどんな事が不安なのか迷っているのかなど気持ちを整理できるようにお手伝いをするのがよいでしょう。

    出典:国立がん研究センター 「身近な人ががんになったとき」

      がんは生活習慣病

      がんは老化現象生活習慣に原因があると言われています。

      がんの罹患率を見てわかるように、がんという病気は加齢と共に増加していきます。何故がんに罹るのか?1つは老化現象といえると思います。ですので、年齢が高くなればなるほど、がんに罹る人が増えてるのです。では次に、何故若くしてがんになる人がいるのか?というと、がんは生活習慣病が要因となっていることもあるのです。つまり下記のような人はがんに罹りやすいと言えるでしょう。

      1. 忙しくて外食が多く、塩分が脂質の多い食事や野菜を食べる量が少ない。
      2. ストレスにより、たばこを吸っている。又はたばこの煙にさらされている。

      生活習慣の改善によって、がんに罹るリスクは減ると思われます。がんの原因の多くはたばこや飲酒、食事などの日 常の生活習慣にかかわるものだとわかっています。

      がん研究振興財団が発表した「がんを防ぐための新12カ条」というものがあります。生活習慣を気をつければ、男性のがんの半数、女性のがんの3分の1は、もし生活習慣が健康的であったなら、また、がんの原因となるウイルスや細菌に感染していなかったならば予防できたものと考えられています。

      がんを防ぐための新12カ条

      現在生きている私たちが、まったくがんにかからないようにすることは無理としても、ある程度はこれを防ぐことができます。そこで、日常の生活のなかで、「できるだけがんの原因を追放していこう」ということから生まれたのが、「がんを防ぐための12ヵ条」です。

      1. たばこは吸わない
      2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
      3. お酒はほどほどに
      4. バランスのとれた食生活を
      5. 塩辛い食品は控えめに
      6. 野菜や果物は不足にならないように
      7. 適度に運動
      8. 適切な体重維持
      9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
      10. 定期的ながん検診を
      11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
      12. 正しいがん情報でがんを知ることから

      ところが、生活習慣に気をつけていれば、がんにならないとは言えません。食品添加物の摂取、放射線、排ガス、PM2.5これらを避けて生活をすることはできませんし、遺伝性によるがんもあります。生活習慣に気をつけていても、がんになる可能性はあるものと理解してください。

      お問合せはこちら

      「教えて!がん保険」のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は基本はメールにて、お急ぎの場合はお電話にて受け付けております。

      がん保険に関することなら、お気軽にお問合せください。

      よくあるご質問
      • 説明や契約は、こちらまで来てくれるのでしょうか?
      • 相談料とか掛かりませんか?
      • 月々3,000円くらいの保険料でお見積りをお願いできますか?

      メールからのお問合せを推奨しております。

      ※お電話は集中して掛かりづらい時がございます。

      お電話でのお問合せはこちら

      電話受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

      あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

      教えて!損害保険

      個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

      教えて!火災保険

      個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

      0120-27-3954