がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん保険の必要性を理解する

がん保険の必要性を理解しましょう!

「がん保険」の必要性を理解しましょう!

保障内容や保険金額と自分が払うとしたら保険料は?

保険を販売する人から、がん保険をすすめられた時、必要なのか?必要でないのか?よく分からないと思われる人が多いと思います。その後お客様の行動は以下の3つのパターンに分かれることがあります。

  1. がん保険は必要と思うから入っておく
  2. がんにはならないと思うから、やはり必要ないからやめておこう
  3. 結局、よく分からず判断できないので放置

※3のよく分からないので放置してしまうが一番多いのでは?

がん保険のパンフレットや資料を見た時に、ほとんどの人はおおよその保障内容や保険金額に対して保険料がいくらなのか?パッと見のコストパフォーマンスを確認されます。今のがん保険の肝はがん診断給付金(一時金)にあると弊社は考えています。保険を選ぶ上で重要なのはこのがん診断給付金(一時金)になります。

また、保障内容・保険金額・保険料も大切なのですが、付帯サービスもしっかり確認されることをおすすめします。がんになってしまった時は、付帯サービスの内容がとても役に立つことがあるからです。

がん保険をよく分からず判断できないので放置している人は、もう一度付帯サービスを確認ください。がんの保障内容と同時に付帯サービスを確認すれば、あなたにがん保険が必要なのか必要でないのかの判断材料になることもあるでしょう。


がんを経験されたことのないお客様には以下の声があります。

                                

  • 医療保険に加入していれば、がん保険は必要ないのでは?
  • がん保険の必要性ってよく分からないからどうなのかな?
  • がん保険にはならない。だから必要ない。

この反面、がんを体験されたお客様の声には以下の声があります。

                                 

  • もっと良い保障のがん保険に入っておけばよかった。
  • こんなに必要性の高い保険とは思わなかった。
  • がん保険に入っておけばよかった。

がんを経験すると、このような気持ちの変化があります。何故?がん保険が必要だった、入っておけば良かったと思う気持ちになるのでしょうか?それを知っておくのがポイントです!

がん保険 3つの必要性

がんになったら困ること。大きく分けると3つです。

  1. メンタル面の事・・・仕事には復帰できるか?食事は何を食べたら良いか?今までのような仕事はできないから収入減となったらどうする?
  2. 治療に関すること・・・どんな治療がベストなの?どこの医者が良いのだろうか?
  3. お金の事・・・お金はいくら掛かるの?

がん患者さんの悩みには、お金に対することはもちろんのことですが、悩みや不安なのは、心の問題に関することです。 

出典:がんと向き合った7,885人の声 <大分類別>

順位悩みの内容割合
1不安など心の問題48,6%
2症状・副作用・後遺症15,1%
3家族・周囲の人との関係11,3%
4就労・経済的負担7,9%
5診断・治療6,7%
6生き方・生きがい・価値観4,4%

出典:がんと向き合った7,885人の声 <小分類より抜粋>

順位がんと診断された頃がん診断から現在に至るまで現在
1将来に対する漠然とした不安再発・転移の不安再発・転移の不安
2精神的動揺・絶望感将来に対する漠然とした不安将来に対する漠然とした不安
3死を意識抗がん剤による副作用の症状医療費

診断されたころは精神的な不安、死を意識することへの不安があります。治療がはじまると現実的な心配(医療費)に対しての不安がはじまるようです。

必要性その1-がんに対する不安

~上記、がんと向き合った7,885人の声<大分類別><小分類より抜粋>から~

がんになると、まず不安などの心の問題(48,6%)が発生します。※上記、がんと向き合った7,885人の声<大分類別>

がんと診断された頃は「将来に対する漠然とした不安」が一位だったものが、現在に至ると「再発・転移の不安」が一位となり心の変化が出てきます。※上記、がんと向き合った7,885人の声<小分類より抜粋>

更に、現在に至ると3位に医療費(お金)の不安となり、現実的な不安になってくるのです。

~がんに対する不安に対して~
がん保険ができる解決策

  • 再発・転移をしても、がん保険の給付金を受取れることがある。※2年に1度など制約あり
  • 保険会社のサービス、「無料電話相談(健康、メンタル面)」を利用※保険会社によってはサービスに格差あり

がん保険の商品によっては、再発・転移しても一定の期間が経過していれば、何度でもがん保険の給付金が受取れることがあります。

将来に対する漠然とした不安には、各保険会社のサービス「無料電話相談などを利用すればプロのカウンセラーの対応により、心の不安が解消されたり、心が落ち着いたりすることもありえます。

【抗がん剤による副作用手術に関する思い治療に関する思い

~がん治療の不安に対して~
がん保険ができる解決策

これらも各保険会社のサービス「セカンドオピニオン」を利用すればこれから始まる治療や副作用、手術に関して第二の意見を聞くことにより治療方法の再確認や他の治療法の確認などができます。

必要性その3-お金のこと

医療費 経済面における今後の生活への不安 

~お金の不安に対して~
がん保険ができる解決策

  • がん診断給付金により当面の生活費やその他に掛かるお金に充当させることができる
  • 手術、入院給付金などにより医療費用の補填にできる
  • 先進医療特約により治療方法の幅が期待できる

がんの治療を続けていく上で、患者さんにとっては経済的負担(お金)の問題が発生することがあります。がん罹患による経済的負担の影響にはどのようなものがあるのかを紹介します。

(出典:がんと向き合った7,885人の声)

経済的負担の影響
  • 住宅ローンの返済
  • 子供の学費
  • 借入金の返済
  • 住宅ローンの借り入れに制約が加わった。
医療費
  • 医療費がかかる、高い
  • 医療費がどのくらいかかるか見当がつかない
  • 医療費がいつまで続くかわからない
  • 治療費の支払いが続けられるかどうか不安
  • 高額療養費への不満
  • 保険に未加入のため医療費が心配・不安
  • 健康保険の傷病手当金の給付対象期限が切れることによる医療費の不安
  • 収入が少ないため受診・治療ができない(断念する)
  • 短期入院を繰り返すことによる医療費の支払いが煩雑
  • 生命保険の入院保障期間が切れたことによる経済不安
経済面における今後の生活への不安
  • 収入のため無理に仕事をする
  • 今後の経済不安
  • 老後の経済不安
  • 保険に加入・更新できないことによる将来不安
がん罹患による収入減
  • がん罹患による収入の落ち込み
  • 看病のため配偶者が退職し収入が減った
保険適用外治療等への支出
  • 代替療法・健康食品等の費用
  • 治療のための消耗品の購入費
  • 保険適用外の薬代
  • かつら購入費

がん保険では解決できないことー仕事のこと

がん患者さんの悩みである仕事のこと。有職者であれば、仕事を辞めて治療に専念したりすることもあるようです。

がん罹患による仕事への影響
  • 今までの仕事ができなくなった
  • 仕事をやめた
  • 職場での戦力外扱い
  • 待遇、職場環境の変化
仕事復帰・継続への不安(雇用者)
  • 仕事復帰と体力の状態
  • 仕事を継続できるか
  • 仕事を復帰するまでの期間はどのくらいか
  • 仕事を退職すべきか
  • 以前と同じように仕事ができるか
  • 仕事と治療の両立
仕事復帰・継続への不安(経営者・自営業者)
  • 仕事の継続が困難
  • 事業を継続することへの迷い、経営者として務まるか
  • 仕事復帰と体力の状態
  • 自営業の休業
  • 得意先・客に迷惑をかける
  • 銀行から相手にされなくなった
リストラ
  • リストラされるのではないかという不安
  • リストラされた

がん保険の必要性 3つの効果

がん保険には保障があります。保障には診断給付金(一時金)、入院給付金、手術、通院、先進医療などがあります。ほとんどの人はこの保障内容と保険料との比較をされているのではないでしょうか。

これらの他に、セカンドオピニオンやメンタル相談などの付加価値サービスが付いている商品があります。

がん患者さんにとってこれらの付加価値サービスはとても役に立つ場合があるのです。

治療費の捻出ができる

がん保険に加入をする大きな目的は、がんになったときに保障を得ることです。診断給付金(一時金)、入院給付金、手術、通院、先進医療などがあります。

セカンドオピニオンの活用ができる※保険商品による

例えば:乳がん患者さんの場合

乳がん治療を提案してくれた主治医は乳房を全摘出手術だというのですが、他に乳房再建、温存方法などはできないのですか?

がんの患者さんの気持ちの中に、「主治医が提案してくれた、がん治療は自分に本当に最適なのだろうか?セカンドオピニオンを受けてみるのはどうだろう?」そのように思われることもあるようです。だけど、セカンドオピニオンを自分で探すにはハードルが高く、どうしたら良いか困ってしまう時があります。

そんな時には、がん保険に付加価値サービスとしてセカンドオピニオンサービス(がん保険にはほとんどこのサービスはあります。)があります。セカンドオピニオンがあれば、これからはじまる治療方法が自分にあった治療なのか?を現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」として確認することができます。

がん治療はオンリーワンチャンスとも言えるくらいはじめの治療が大切です。はじめの治療でがんを取りきってしまうことができれば、5年生存率も高まります。必ずしもがんをはじめに見つけてくれた病院で治療を行わなくても良いのです。

「セカンドオピニオンを受けてみて、提案してくれたがん治療の他に自分に合うと思う治療方法があった」

そんな時に、他の治療方法の方が自分には良いと思われたら、治療の変更をされても良い場合もあります。

※専門医の紹介サービス

保険会社によっては、付加価値サービスとして必要に応じて専門医を紹介してくれる専門医の紹介サービスがあります。

その他サービスの活用ができる※保険商品による

がんになったらお金のことも心配ですが、治療に関することも心配です。保険会社の商品によってはメンタル面での相談や治療のこと等の相談をしてくれる以下のようなサービスがあります。

※メンタル相談

心のショックや不安を専門カウンセラーに電話や面談で相談できるサービス。

※健康や医療に関する相談

健康や医療に関する悩みを相談できるサービス。

※保険会社によってこれらの各サービスの内容が異なります。

がん患者さんにとっての悩みは不安はどこにあるのか?それはお金だけでなく、治療に関することやメンタル的なこともありますので、これらのがん保険の付加価値サービスは見逃すことはできません。

がん保険の給付金(例えば、がん診断給付金または一時金、入院給付金、通院給付金)の選定も必要ですが、これらの付帯サービスはがん保険を選ぶ上でもポイントの1つになりますので、覚えておきましょう。

健康体だった時の保険に対する事への気持ちは、、

健康体だった時は、、

  • 医療保障もあるし、必要ないかな?
  • ある程度のまとまったお金もあるし、がん保険は必要ないんじゃない?
  • 友人は入ってないみたいだし。

がん治療を経験した後での気持ちの変化には、、

がん治療を経験すると

  • がん保険は必要だった。
  • がん保険に入っておけば良かった。
  • 健康体で保険に入れない。考えが甘かった。

がんに対する中途半端な知識や思い込み、知り合いはがん保険に入ってないからと言う同調性バイアス、保険より貯蓄と考えるよりも、がんという病気は身近な病気という事を理解した上で、がん保険は必要なのか必要でないのかを判断しましょう。

保険加入のタイミングを逸しないように

                 健康診断前

医療保険には入っているけど、がん保険は必要なのかしら?必要なのか必要でないのか?よくわからないな。

                健康診断後

健康診断で肺に影があると医師から言われてしまいました。この影が何なのか?はっきりするまでがん保険に入れないのね。やっぱりがん保険は必要だったかな。

がん保険や医療保険に加入する前に健康診断で肺に影があると診察されてしまうとしばらく保険に加入できなくなる恐れがあります。保険会社はその肺の影が何なのか?はっきりするまでは保険に入れてくれません。その肺の影が健康上問題の無いものとなるまで保険には加入できないのです。備えあれば患いなしです。がん保険は早めにご用意を!

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954