がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

これからのがん医療を考える

がんの治療方法には、手術、放射線療法、化学療法の3つが標準治療と言われています。どの治療方法にもメリット、デメリットがあるようです。誰かにとって有効な治療方法が自分にも有効であるとは限らないようです。どの治療方法を選択するかは、がんに罹患したご本人の気力や体力などと医師と相談の上、最適な治療方法を決めていくことになるようです。

がん治療の今と昔 手術

  • 手術・・・がん及び周辺組織の全部あるいは一部を切り取る方法
がん治療手術の昔
  1. がんの部位によっては、全身麻酔や開腹術などの負担が大きい
  2. がん細胞を取り切れないケースもある
  3. 医師によって生存率、温存率などに開きがある
がん治療手術の今

早期な発見が可能となり小さながんは内視鏡や腹腔鏡を使用した手術を行う事で、全身麻酔などの必要がなく身体への負担は減少している。ただし、再発するケースはあるため抗がん剤や放射線治療を組み合わせる集学的治療法で再発リスクを減少させている。

 


がん治療の今と昔  放射線療法

  • 放射線療法・・・がんおよびその周辺組織に放射線を照射したり、小さな放射線源をがんの近くの体内に埋め込むことにより、がんを縮小させたり消滅させたりする治療法
がん治療放射線治療の昔
  1. 副作用が大きい
  2. 正常細胞も破壊し新たながんを作り出すこともある
  3. 費用が高額になる場合もある
がん治療放射線治療の今

X線からガンマ線・陽子線・重粒子線治療など技術は進歩。「外部照射」と「内部照射」があり、組み合わせて治療を行うこともある。CTやX線シミュレーターで正確に照射することによりがん細胞のみに少ない放射線で照射が可能。

 


​​がん治療の今と昔  抗がん剤治療

  • 抗がん剤治療・・・化学療法のうち、抗がん剤を点滴や静脈内注射、内服等の方法で投与することで、がん細胞の分裂を抑え、死滅させる療法
がん治療抗がん剤治療の昔
  1. 副作用が大きい
  2. 正常細胞まで破壊する
がん治療抗がん剤治療の今

分子標的治療薬が開発され、がん細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえる新薬の開発が急速に進歩し、副作用も抑えられるように進歩。

日本で使用されている分子標的薬に、ハーセプチン(トラスツズマブ)という乳がん治療の薬剤があります。これらの薬は毎月約7万円ほど掛かると言われています。

これが半年、それ以上必要となりますと費用も覚悟が必要です。新薬の開発には多額の費用が掛かっていますので、これから開発される抗がん剤治療の薬剤は良い薬が出てくるかわりにそれなりの高価な値段がつきそうです。

がんと治療について

がん保険のご相談、お見積りに関して

相談料は無料です。
お見積りも無料です。
お問合せはお気軽に!

「教えて!がん保険」を見たと申付けください。

0120-27-3954

ごあいさつ

教えて!がん保険
代表 高倉秀和

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954