がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん保険のポイントはがん診断給付金(一時金)です!

がん保険の種類

一般的な「がん保険」の種類や保障内容をご紹介します。がん保険は定期タイプの保障と終身タイプの保障があります。定期タイプは保障を手厚くしたい時、終身タイプは一生涯カバーしたい時に掛けます。おすすめはまず終身タイプを選んで定期タイプは上乗せ保障として考えて保険を2つに分けても良いです。

がん保険特約の種類

がん保険の特約には、様々な保障内容がありますが、一般的な特約を紹介します。

がん診断給付金(がん診断一時金)

がんと診断されたら、がん治療がはじまったら、そんな時に自由に使うことのできるまとまったお金はがん患者さんにとって当面の生活費の確保や治療の選択肢の幅が広がったり、補完代替医療(サプリメント、ウイッグなどの購入)に使えたりしますので、がん保険にとってこの特約が最重要すべき保障です。とても大事な特約なので詳しくは別ページでご確認ください。

がん入院給付金

がんの治療目的で入院した時に保障されるのが、がん入院給付金です。最近の医療では、がん治療の入院は短期化傾向にありますが、部位やステージによっては長期入院となる場合もあります。生命保険の医療特約医療保険通算すると手厚すぎる保障となる場合もありますので保障が重なりすぎないように注意しましょう。

がん入院給付金の何を注意する?入院給付金は生命保険や医療保険と重複しているケースが多い

がん治療の為の入院期間は短くなってきています。

がん保険の一般的ながん入院給付金日額は1万円または2万円という設定が多いようです。

しかし、あなたが今加入している保険で、「がん保険」以外の商品に医療保険や生命保険のがん特約、共済などの加入はありませんか?

これらの保障を通算すると、がんで入院をした場合に通算入院日額が3万円~5万円などと言った手厚すぎると思われる保障(がん入院は短期化しているし保険料の無駄ではありませんか?)となる場合があります。

がん入院保障が定期タイプの保険のみ設定されているが、終身タイプにがん入院保障が全くないという契約の形もバランスが良いとは言えません。

最近のがんの治療は短期入院、以降は外来治療が主流となっていますので入院給付金を多く保障していても給付金があまり受けられないという事がありえます。保障はバランスよくしておきましょう。

がん治療の入院期間は減少しています。                                             

傷病大分類平成 8年平成11年平成14年平成17年平成20年平成23年
悪性新生物46.040.135.729.623.920.6
胃の悪性新生物47.141.839.334.626.822.6
結腸及び直腸の悪性新生物40.038.834.129.819.217.5
気管、気管支及び肺の悪性新生物50.144.839.734.127.221.7
その他の悪性新生物46.439.034.427.923.920.8
良性新生物及びその他の新生物18.615.013.510.713.713.2

内視鏡手術、腹腔鏡手術といった患者さんに負担が掛からない治療方法が増えているのが要因の1つにあげられます。

出典:厚生労働省 「平成23年患者調査」

がん通院給付金

がん治療は外来治療が増えています。

がん治療は入院治療から外来治療へ

がん治療は手術、放射線、抗がん剤治療が3大治療(標準治療)と言われております。この3つの治療は多くの人が言葉で聞いたこともあると思われます。3つの治療方法を取り入れて、手術+放射線、手術+抗がん剤などと総合的な治療を行うことをがんの集学的治療といいます。最近では放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン剤治療などは通院でも行える医療機関が増えているのが実態です。

定期的な通院回数が増えることによって医療費の他に交通費、自営業の人は日当に直結することもあります。通院治療が増えているのは、働きながらがん治療を行うことができますので、働きたい人にとってはとても良いことと思われます。

通院しながら治療が出来るように病院の診療時間帯も今後、変わっていくことも予測されます。

一回一回の通院治療費は大きな金額になるとは予測しづらいですが、回数もまとまれば大きな治療費となりますし、交通費や休養損失にも直結することもあります。がん治療は長くなりますので、がんの通院給付金の保障は必要といえます。

がん治療は、体にやさしい手術方法の技術が進歩したこと、診療報酬の変化(出来高払い方式から、包括医療費支払い制度方式(DPC)へ)などの理由から、がんは長期入院ではなく、短期入院+外来治療へと変化しています。保険の特約で準備すべきは、この短期入院と外来治療のところになります。

がん手術給付金

手術後には後遺症が残ることもあります

がん手術給付金は医療保険の手術給付金と保障が重なるケースがあります。

例えば手術給付金は保障の広い医療保険につけておき、がん保険の手術給付金を外せる商品ならば、外すことによって保険料の節約になるのですが、、

がん手術給付金はどんな保障?

がん手術給付金特約はがんの治療の為に手術を受けた際に給付金を受取れる特約です。この特約では、手術の種類に応じて給付倍率が分けられ当てはまる給付倍率によって支払われる金額が変わってくる商品が一般的です。

  • 給付倍率とは

がん保険の手術特約に給付倍率という言葉があります。これは基本契約となるがん入院給付金に対して(40倍、20倍、10倍)と保険会社の定められた約款に応じて保険金が給付されるものです。

例1)がん入院給付金が1万円の場合で悪性新生物根治手術(給付倍率40倍と仮定)を行った場合

1万円(がん入院給付金)×40倍=40万円

2万円(がん入院給付金)×40倍=80万円

例2)がん入院給付金が2万円の場合で内視鏡手術(給付倍率10倍と仮定)を行った場合

1万円(がん入院給付金)×10倍=10万円

2万円(がん入院給付金)×10倍=20万円

このようになります。

がんは大病

がんの3大治療は、手術、放射線、抗がん剤ですが、これらの治療方法は全ての部位ではありませんが、後遺症が残ることがあります。また手術後には、合併症とは異なり、手術を受けたことによる後遺症という症状が残ることがあります。また、後遺症とは言えないものの、手術によって不快な感覚が残ることもあるようです。

がんに限らず手術というものは、今まで身体についていた一部の器官を取り除くわけですから、機能障害が残っても不思議ではありません。がんの入院給付金やがん手術給付金は、医療保険やその他の特約で付いているケースもあますので保障が重複しているケースも見受けられます。ですが、がんは大病だけに、お金は掛かるので保障の重複が良くないとは言えません。

がん先進医療保障

がんの先進医療には粒子線治療(重粒子線、陽子線)が有名です。これらの粒子線治療を受けるだけでも約300万円の費用が必要です。粒子線治療は厚生労働省の先進医療に認定されております。

画期的とも言える「がん治療の先進医療」

先進医療を受ける可能性は低いかもしれませんが、あなたががんになった時に、重粒子線、陽子線治療はあなたのがん治療方法の選択肢の1つに含まれる可能性もあります。

保険会社のコマーシャルで先進医療という言葉を聞くようになりました。この先進医療ですが、保険会社が支払いのできる先進医療は厚生労働省のホームページにある医療機関に限定されておりますので注意が必要です。

先進医療とは、公的医療保険制度に基づく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるもの)をいいます。ただし、療養を受けた日現在、公的医療保険制度に定める療養の給付に関する規定において給付対象となっている療養や、承認取消などの理由により、先進医療ではなくなっている療養は除きます。

評価療養とは、将来的に公的医療保険制度における保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行う事が必要な療養をいいます。療養とは、診察、薬剤または治療材料の支給および処置、手術その他の治療をいいます。

がんは3大治療(手術、放射線、抗がん剤)が一般的ですが、がんの種類やステージによっては、粒子線治療は治療方法の1つの選択肢になることも充分考えられます。がんを手術することなく、がんの根絶を目指せる粒子線治療は画期的ながん治療の方法と言えます。

がん治療の先進医療である粒子線治療は一回の治療に300万円前後の費用が掛かります。平均寿命の80年程ある人生のうちに原発がんができないとも限りません。先進医療の保険料は僅かな保険料で加入できますので、「教えて!がん保険」はこの特約はおすすめしております。

がん保険に先進医療特約を付けられる保険商品が多いのですが、がん保険に付けると先進医療はがん治療に限定されてしまいますので、先進医療特約は医療保険に付けることをおすすめします。

指定代理請求特約

保険金・給付金の代理請求

がんになってしまうと被保険者は治療に専念するため保険金の請求が出来なくなってしまう事が考えられます。指定代理請求特約を付けておくことによって被保険者の戸籍上の配偶者などが代わりに保険金請求をすることができるのです。

こちらの特約はがん保険に無料で付けることができますので、是非お忘れなくお付けいただくのが良いかと考えています。

がん死亡給付金

がん保険の特約である「死亡時の保障」につきましては、少し整理して考えておく必要があります。がん保険の特約にある死亡時の保障には、以下に気をつけましょう。

この保障(がん死亡給付金)で注意する点

  1. がん保険の「がん死亡保険金
  2. がん保険の「死亡保険金

1と2は同じような保障に見えますが、内容が全く異なりますので注意が必要です。まず、1の「がん死亡保険金」はがんを直接の原因として死亡・高度障害状態に該当された場合となり、2の「死亡保険金」はがんに関わらず被保険者が死亡した場合に対象となります。

気をつけたいのは、特に2の方でがん以外の病気やケガで被保険者が死亡した場合も保障の対象となりますので、被保険者が死亡した後に加入していた保険証券を見た際に「これはがん保険だから関係ない」と判断してしまい、保険金請求をしなかったとなる可能性がありますので注意が必要です。

がん保険は治療費やその後の予防にお金が掛かるものですので、診断給付金(一時金)、手術、通院、先進医療などの治療に対しての保障に重点を置くべき保険でありますので、わかりやすくする為に死亡に対する保障については、定期保険や収入保障保険、終身保険などで考えておくのが一般的です。

がん治療を目的としているがん保険に死亡保障はさほど重要ではありません。むしろ死亡保障は定期保険、収入保障保険、終身保険などで用意するほうがわかりやすく保険金請求漏れも防ぎやすいと言えます。

生存給付金・無事故給付金

保険会社によって、がん保険の特約に「生存給付金・無事故給付金」という特約があります。

この保障(特約)で注意する点

がん治療で給付金を受け取れる他の特約と違い生存給付金は契約満了時まで生きていた時や、無事故給付金は保険会社が定めた一定の期間、保険を使わなかった場合に支払われるものになります。これらの特約はがん保険の本来の目的である「長引くがん治療の為」のがんの治療を保障できるものではありません。ですので、実際にがんで闘病していく事となった場合にはあまり意味がない特約になります。

保険の掛捨てが苦手な人、健康に自信がある人には良い特約かもしれません。完全に掛捨てのがん保険とこれらを付けた場合のがん保険とで比較して保険料の予算範囲内におさまるのであればこの特約をお付けされても良いのではないか?と思います。

生存給付金、無事故給付金の特約は無料ではありません。保険料を抑えたいという考え方でしたらこの特約は不要とされてもよいのではないか?と考えられます。

※保険会社によっては、この他にも様々な特約があります。

がん保険のかたちには?

がん保険のかたちには、定期タイプと2つのタイプがあります。

がん保険の定期型タイプのイメージ

がん定期タイプ 終身タイプ 詳しくはこちら

がん保険の終身型タイプのイメージ

独身世代は、最低でもがん保険の定期タイプに加入しておくことが良いです。

責任が重い30~40代はがん保険の保障内容を手厚くしておくべき。この年代で欲しい保障は定期タイプ+終身型のがん保険(保障)です。

年齢を重ねる毎にがんになるリスクも高まります。この年代で欲しい保障は終身型のがん保険です。

お問合せはこちら

教えて!がん保険のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は基本はメールにて、お急ぎの場合はお電話にて受け付けております。

よくあるご質問
  • 説明や契約は、こちらまで来てくれるのでしょうか?
  • 相談料とか掛かりませんか?
  • 月々3,000円くらいの保険料でお見積りをお願いできますか?

※お電話は集中して掛かりづらい時がございます。
※基本は、まずメールにてお問合せを承っております。

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954