がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん保険で最重要視すべき保障。がん保険のポイントです!

がん診断給付金(一時金)

がん保険特約などのご紹介。がん保険の特約は各保険会社によってことなります。このページでは代表的な保障をご紹介していきます。

がん診断給付金(一時金)

がん保険では「がん診断給付金」は最重要視すべき保障です。

がん診断給付金をいくらにセットするか?とても重要なポイントです。

がん(悪性新生物)と診断された時に一時金で受けとれる「がん診断給付金(一時金)」。こちらは特約になっているケースも多いですが、がん保険の保障内容では最重要視すべき保障(特約)になります。

がん診断給付金(一時金)の良いところは、一般的に、がん入院給付金のように入院をしないと給付を受けられない(一部の保険商品には、がんで入院しないと一時金を受け取れないといった商品もあります。)という事ではなく、がん保険を契約してから90日以降に「がんと診断」が確定した時点で給付金を受取れる権利が発生します。

がん診断給付金(一時金)を受取れることがわかりましたら、病院の選択、治療方法について、最新の治療、これらを再検討も出来る場合もありますし、より良い治療の選択肢を広げることができると言えます。(がんは一番初めの治療が肝心なので病院や医師、治療法の選択が大切なのです。)

他にも、当面の生活費、収入減少に充当するなど使い道は保険金を受け取る人の自由な点が最大のメリットです。診断給付金で余るお金は、代替医療などに利用しても良いと思います。

がん診断給付金(一時金)を選ぶときに注意したいこと

加入しているがん保険の保険証券を見てみたら、「がん診断給付金は100万円と書いてあって安心した。」これだけではセーフティーゾーンとは言えません。診断給付金は一度きりではないですか?「所定の状態になった場合に~などと書いていませんか?

がん診断給付金(一時金)で注意したいのはどのような保障内容になっているのか?にあります。保険会社それぞれに約款の違いがありますので、がん診断給付金(一時金)が特約についているからといって安心をしてはいけません。中身をよく見てみましょう。

がん診断給付金(一時金)は一回払いに注意。複数回払いが最適

はじめてがんに罹り、治療が終わり仮に寛解に至ったとしても、ガンという病気は再発や転移のリスクがあります。他の部位に新たにがんが発見されるケースがあるかもしれません。がん診断給付金(一時金)は1回払いではなく、がん再発のリスクも考え複数回受け取れる保険を選びましょう。

「がん診断給付金(一時金)は1回払いで保障は終わりです。再発しても、転移しても新たな原発がんも保障できません。これは、保険会社から見放されているような感じがします。

上皮内新生物(上皮内がん)は支払い対象となっている?

がん診断給付金(一時金)は上皮内新生物が保障対象となるかをチェックしましょう。上皮内新生物は手術、内視鏡手術や放射線治療でとってしまえば、完治となりますので悪性新生物(がん)と比較すると病気の予後についてはほとんど心配する必要はありません。しかし、上皮内新生物は放っておくと「がん」になる恐れがありますので治療することが望ましいと言われています。保険商品によっては上皮内新生物を保障対象外としている内容もありますが、上皮内新生物なのか?悪性新生物なのか?保険会社の判定が微妙なラインもあるようですので、上皮内新生物でも給付金が払われる保険が望ましいと思われます。

 

一回払いの保険なら保険金額を多くする

あなたが加入したいと考えているがん保険の診断給付金(一時金)が一回払いの保険ならば、保険金額を多めにセットすることを考えましょう。

例)がん診断給付金(一時金)一回払い100万円←この金額を200万円、300万円で検討する。

がん診断給付金(一時金)は終身がん保険に用意しましょう!

お客様の医療保険やがん保険の契約内容をチェックしていますと、がん診断給付金(一時金)は、がん定期保険(更新型)にはついているが、終身がん保険に付いていない、または保障が全くない、という加入をされている方が多くいます。がん定期保険(更新型)はいずれ保障が無くなるリスクと保険料が高額となった際に契約を減額又は解約する事になる可能性があります。おすすめとしては年齢が若いうちに終身型のがん保険をご用意いただき、その終身がん保険にがん診断給付金(一時金)を付けるようにしましょう。

 

がん診断給付金(一時金)についてのまとめ

がん診断給付金は複数払いで且つ上皮内新生物も対象となる終身がん保険を1つ用意しておくのがよいと考えます。これからの時代、更なる検診技術の向上によりがんが発見されやすくなることが考えられ、悪性新生物の一歩手前である上皮内新生物で発見されることも増えると考えられます。

もしあなたが、何らかの保険や共済に加入しているのであれば、がん診断給付金(一時金)は医療保険、生命保険の特約、共済の特約等にも付いているケースもありうるので、現在の保障にがん診断給付金(一時金)が付いているかをチェックしてください。そしてそれらの内容が、どのような診断給付金(保険期間、1回払い、複数払いなど)なのかをチェックしましょう。保険料の無駄を省くためにも保障の重複のチェックも必要です。

終身がん保険を基本に考えて、働き盛りなどの方は終身がん保険の上乗せとして、定期タイプの医療保険や生命保険の特約などの保険商品でがん治療の為のがん特約を用意しておくなど、それぞれの保険を創意工夫してがんに備えておく事がよいと言えます。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954