がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がんとタバコの関係

たばこが与える健康への影響は以下の表のとおりです。たばこを辞めてその分、がん保険に入ることをおすすめします。

 

たばこを吸わない人に比べて、たばこを吸う人は?男性女性
がんによる死亡率1.5~1.7倍1.3~1.6倍
肺がんでの死亡率約4倍約2倍
脳卒中での死亡率1.7倍1.7倍
心筋梗塞・狭心症等の死亡率1.7倍
循環器病での死亡率1.4倍1.5倍

※出典:平成26年 厚生労働省HP

日本は世界一タバコを吸っている国で売上本数では世界一のようです。タバコと疾病の関係については縁が深いようで、特にがん、心臓病、脳血管障害はタバコに大きく関係していると言われています。日本人の喫煙者がタバコをやめたら、1兆3000億円の医療費が節約され、9万人のがん患者が減ると推定されています。

がん、心臓病、脳血管障害これらの病気は生活習慣病と呼ばれていますが、1996年まで成人病と呼ばれていました。成人病と生活習慣病は何が違うかというと成人病だと年を取ったらみんなが、このような病気になると思われてしまい国や社会で面倒を見なくてはいけないということになってしまいます。

それが、生活習慣病と改名することにより、生活習慣病になったのはあなたの生活習慣が悪かったからということができます。自分の事は自分で面倒を見て医療費は自分で払ってくださいという自己責任の時代なのです。

がんに罹ると国や地方自治体からの保障は何かあるのではないか?と思われている方が多いかもしれませんが、残念ながら特にありません。高齢化社会になることにより、これから増え続けるであろうがんの罹患率ですが、それに掛かるお金の準備はやはり自分でなんとかしなければならない時代なのです。

一部出典:正直ながんのはなし 

 

次ページ湯治(温泉治療)へ

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954