がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がんに良い食事

がんに良いとされる食物には以下のものがあります。

 

がんに良いとされる食べ物にんにく、キャベツ、きのこ類、海藻類、豆類、とうがらし
がんに良いとされる果物かんきつ類、ベリー類
がんに良いとされる飲み物緑茶、ナチュラルウオーター
がんに良いとされるおコメ玄米
がんに良いとされるオリーブ油、ごま油

これらの食材ががん予防、がんに良いとされるものですが、是非ご注意いただきたいのは原産地。例えばですが、がんに良いとされる健康食品の輸入物のアガリクス(きのこ類)というキノコに、発がん性物質が含まれていた、輸入物のピーナッツ(豆類)に発がん性物質等の猛毒食品が含まれていたという実績もあるようですので、できるだけ国産品の食材をお買い求めになられるのが良いと思います。

他にゲルソン療法という食事療法は、免疫力を高める効果があるようですので試してみるのも良いかもしれません。

欧米はがんの死亡率は減っている?

がん患者数、がん死亡者数も増加する日本ですが、欧米ではがんの死亡率は減っているようです。我々日本人から見た欧米人は恰幅の良い人が多く、肥満大国であるという認識があるかもしれませんが、今はその考えは少し古いのかもしれません。アメリカではがん撲滅のために国が対策をして成果をあげることが出来ました。通称、マクガバン・レポートです。

アメリカはがんや心臓病などの生活習慣病は、肉食中心の誤った食生活習慣が生み出した食原病であると結論づけ「マクガバン・レポート」を受けてアメリカでは国家的規模の具体的な運動が展開されます。デザイナーフーズ計画では、ガン予防に有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開されました。その食材を紹介しますので参考にしてください。

抗がん作用の高いデザイナーフーズ

 

 

 

 

にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが、セリ科(にんじん、セロリなど)

たまねぎ、茶、ターメリック、全粒小麦、玄米、柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)、なす科(トマト、なす、ピーマン)アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)

マスクメロン、バジル、カラス麦、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、あさつき、ローズマリー、セージ、じゃがいも、大麦、ベリー

 

数年前に日本のとあるハンバーガーチェーン店のTVCMにお孫さん設定のかわいい女の子が、おじいちゃんにフライドポテトを食べさせてあげるシーンが微笑ましくかわいいと評判になりましたが、欧米人があのCMを見ると「ブラックジョークか?」となるそうです。塩分が高くトランス脂肪酸で揚げているとされるフライドポテトを、おじいさんに食べさせている姿は日本人にはそうでなくても欧米人には滑稽にうつるようです。

これは、日本人の食生活に対する意識よりも欧米のほう食生活に対する意識の高さが表れていると言えます。いつのまにか日本食文化が薄れて食生活が欧米化してしまい、健康に対する意識も低くなってしまっていると言わざるを得ないと思います。

次ページストレスとがん 笑いと健康へ

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954