がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

保険のマメ知識

保険のプロ代理店が知り得ている保険のマメ知識をお伝えします。マメ知識につきましては、保険法、法律の変更などにより、常に最新の情報ではない可能性があります。尚、下記記載事項についてのお問合せについては受け付けておりません。

個人向け生命保険商品について

  • 利率変動型積立終身保険は、保障部分の保険料を特約にあて、積立部分の保険料で貯蓄をするもので、保険料払込期間中に死亡した場合、積立金相当額の死亡保険金に加え、保障部分からの特約保険金が重ねて給付される。また、保険料払込満了時には、積立金を原資として終身保険や年金保険に移行できる。
  • 個人年金のうち、定額年金保険の確定型では、あらかじめ定めた年金受取期間だけ生死に関係なく年金が給付される。また、年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は、残りの受取期間に対応した「年金」または「一時金」を相続人が受け取ることができる。
  • 変額年金は、運用次第では元本割れをするリスクを伴った商品であり、生命保険会社では、変額年金保険の原資を他の保険の資産(一般勘定)とは切り離した特別勘定で運用している。

生命保険の告知義務について

  • 保険法では、生命保険契約の締結時に、保険者が「告知事項について、保険契約者または被保険者が故意または重大な過失により事実の告知をせず、または不実の告知をしている」といった告知義務違反の事実を知っていたとき、または過失によって知らなかったときは、保険者は契約を解除することができない。
  • 保険法では、死亡保険の保険契約者または保険金受取人が、保険金を不正に搾取することを目的として、故意に被保険者を死亡させた等の重大事由がある場合は、保険者により生命保険契約を解除することができると定められている。
  • 生命保険募集人等の保険媒介者が、保険契約者または被保険者に対し、事実の告知をすることを妨害したり、不実の告知をすることを勧めたときは、保険者は告知義務違反を理由に、契約を解除することができない。

生命保険の基本的なしくみについて

  • 生命保険における健全な保険事業が成立するための技術的基礎(公平な危険分担)には、「保険者と保険団体の存在」、「対数の法則」、「収支相当等の原則」、「危険選択」の4つがある。
  • 生命保険は、保険事故の種類により、「死亡保険」、「生存保険」、「生死混合保険」といった3種類の基本型に大別することができる。
  • 生命保険契約における告知において、告知義務を負うのは保険契約者または被保険者であり、保険契約者・被保険者でない第三者の保険金受取人には告知義務はない。
  • 生命保険の保険料の構成ににおいて、純保険料とは、死亡保険料(危険保険料)と生存保険料(貯蓄保険料)のことであり、付加保険料とは、保険事業を健全に経営するために充当される事業費用等に充当する保険料のことである。

生命保険の概要について

  • 純保険料は、将来の死亡保険金の財源となる死亡保険料と満期保険金の財源となる生存保険料に分類される。また、純保険料部分のうち、その年度の死亡保険金の支払いに当てられたあとの残額は、将来の支払いを確保するための準備金として積み立てられる。
  • 生命保険は、基本的機能として、保険事故に対する保障の提供と将来必要となる資金の準備のための貯蓄手段としての役割を果たしている。この機能を安定的に発揮するために保険会社は支援的な機能として資産運用機能と金融仲介機能担っている。
  • 生命保険商品は、「生命保険契約に基づく支払いの約束」を内容としているが、「人の生死にかかわる事象」が対象であること、契約で定められた「一定の金額」を支払うこと、という2つの特色がある。
  • 年金保険には、終身年金、確定年金、有期(定期)年金、夫婦年金等があるが、所定の年金受取期間中、一定額が年金として支払われ、本人が死亡しても、残余期間の未払分の原価が遺族に支払われるのは確定年金である。

金融商品の概要について

金融商品は、その機能による分類基準(3大特性)の特徴によって、次のように分類することができる。

  • 安全性とは確実性ともいわれ、元本および利回りが確実かどうかということで、運用した資産が確実に回収され、途中で解約しても、元本が保証されているものが最も安全性が高いといえる。確実に受け取りたい資金づくりのためにはこれを重視する。その特徴から、一般的にローリスク・ローリターンであるといわれる。
  • 流動性とは、換金性ともいわれ、現金化が簡単にできるかどうかの度合いをいう。いつ使うかわからないが、いつでも引き出せるようにしておきたい資金を預ける場合、これを重視する。
  • 収益性とは、利殖性ともいわれ、利回りが高く、かつ値上がり益が期待できるかどうかの度合いをいい、税金や手数料等を考慮した実質利回りで判断することが大切で、リスクを負っても、高収益を狙いたい資金を投資する場合、重視する。その特徴から、一般的に、ハイリスク・ハイリターンであるといわれる。

人保険について

  • 人保険において、被保険者とは、その者の身体が保険に付されている者のことであり、物保険契約の場合の「保険の目的物」に該当する。
  • 生命保険では、人の生死すなわち生存または死亡が保険事故に該当するので、満期金支払いも生存という保険事故に対する保険金である。
  • 保険契約者と被保険者が同一人である生命保険契約において、保険金受取人を第三者に指定する場合、実務上は被保険者の同意(署名・捺印)を取り付けている。
  • 人保険では、保険価額の概念はないが、保険会社はモラルリスク防止等のために、契約規定上、引受限度額を設けている。

犯罪収益移転防止法について

  • 犯罪収益移転防止法は、金融機関がテロ資金供与やマネー・ローンダリング等に利用されるのを防ぐことを目的としている。
  • 犯罪収益移転防止法によって、顧客の本人確認を行うことや、顧客との取引に関する記録を保存することが義務付けられている金融機関は銀行・信託銀行の他に損害保険会社・生命保険会社も当てはまる。
  • 犯罪収益移転防止法により本人確認を要する取引の例としては、10万円を超える現金の送金・振込みおよび仮名取引やなりすましの疑いがある取引などがある。

保険契約締結に関するルール

  • 保険契約締結時は、原則として保険契約者本人と対面しその意思表示を確実に行う必要があり、保険契約者と対面しないで三文判または代筆により勝手に申込書等を作成することや、保険契約 者に無断で更新手続きを行うことは、保険業法違反として代理店登録の取消や代理店手数料の引き下げ措置の適用を受けるだけでなく、悪質な場合は私文書偽造(刑法第159条)に問われるおそれがある。
  • マネーロンダリング等を防止するために、犯罪収益移転防止法に基づき本人確認を確実に行う必要があるが、万が一保険契約に関連して「犯罪行為から得た利益に関する取引」と疑われる取引があった場合、代理店はその概要を保険会社に通知しなければならない。
  • 自己契約とは自己または自己を雇用している者を保険契約者または被保険者とする保険契約のことであり、特定契約とは、代理店と人的または資本的に密接な関係を有する者(特定者)を保険契約者または被保険者とする保険契約のことである

代理店が守るべき法令、会社のルールについて

  • 募集従事者の届出状況を常時把握できるように、代理店には「募集従事者リスト」の備付けが義務付けられている
  • 消費者契約法では、重要事項を「物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの内容(質、用途等)または取引条件(対価等)であって、契約を締結するか否かについての消費者の判断に通常影響を及ぼすもの」と定義しており、基本的には保険業法の「重要な事項」と同様に考えられている。
  • 「不当な乗換募集」とは、保険契約者または被保険者に対して、不利益となる事実を告げずに、すでに成立している保険契約を消滅させて、新たな保険契約の申込みをさせる行為の事であり、保険業法により禁止されている。
  • 保険募集文書の作成にあたっては、原則として保険会社が作成した汎用の保険募集文書を使用することとし、やむを得ず保険募集文書を独自で作成する場合は、必ず保険会社の担当の営業課支社等に事前相談のうえ、募集文書番号を明示して、作成・使用する。

傷害疾病定額保険と企業年金制度について

  • 特定疾病保障保険は、特定疾病保険金・死亡保険金・高度障害保険金のいずれかが給付されると保険契約が消滅するので、保険金を重複して受け取ることはできない。
  • 指定代理請求制度とは、あらかじめ指定された配偶者、3親等以内の親族が指定代理人となれる。
  • リビングニーズ特約では、被保険者の余命が医師による診断等で6か月以内と判断された場合に、主契約の死亡保険金の全部または一部を将来の保険金の給付にかえて、所定保険金額の範囲内で生前に受け取ることができる。
  • 確定給付企業年金制度は、年金受給者の保護を図ることを目的に、確定給付企業年金法に基き定められた年金制度であり、積立金に不足が生じた場合には、その不足分を事業主等が拠出する。
  • 確定拠出年金制度は、加入者自身が年金資産の運用指図を行うわけではないので投資の知識を必要としない。

民法上の婚姻について

  • 夫婦のそれぞれが婚姻前から所有していた財産は、その者の特有財産である。
  • 夫婦の生活において日常生活な家事に関して生じた債務(日常家事債務)については、夫婦が連帯して責任を負う
  • 婚姻中に妻が不動産を購入したことによって生じる代金債務は、一般に日常家事債務にはあたらない。
  • 未成年が婚姻すると、成年とみなされ、単独で契約等をすることができる。

事業継承のための資金作りについて

オーナー経営者(役員)の退職金は、企業への貢献度という意味合いから、その額が企業に対する功労に対し過大である場合は、過大部分は損金に算入できない。

 オーナー経営者の弔慰金は死亡退職金に上乗せして支払うことができるが、税法上損金処理できるのは、業務外死亡の場合は6ヶ月分、業務上死亡の場合は36ヵ月分までで、上回った分は死亡退職金扱いになる。

 役員退職金の引き当てとして生命保険を勧めるときには、国税庁の判断基準の1つである「功績倍率方式」と呼ばれる基準にしたがって保険設計をするが、この功績倍率は、オーナー経営者の場合、3倍以内が限度である。

 オーナー経営者が勇退するときに必要となる資金は、勇退退職金のみであり、リスクマネジメントとしての事業保障費用や事業継承資金は必要ない。

保険業法について

  • 保険会社は、指定紛争解決機関がある場合、「手続実施基本契約」を指定紛争機関と締結する義務を負う
  • クーリング・オフの申し出は必ず書面により行うこととし、口頭での依頼は効力がない。
  • 保険業法において「所属保険会社等」とは、損害保険募集人、生命保険募集人または少額短期保険募集人が保険募集を行う保険契約の保険者となるべき保険会社(外国保険会社等を含む)または少額短期保険業者をいう。
  • 損害保険募集人および生命保険募集人は、保険募集を行う際に、顧客に対して自己の権限が代理であるのか、媒介であるのかを説明することが義務付けられている。

募集上の禁止行為について

  • 顧客に対し、威迫し、または業務上の地位等を不当に利用して保険契約の申込みをさせたり、すでに成立している保険契約を消滅させる行為は一切禁止されている。
  • 将来の契約者配当金について、金額が不確実であるにもかかわらず、断定的判断を示すことは禁止されている。
  • 顧客に対して、保険会社の信用や支払い能力などについて、顧客が誤解するおそれのあることを告知・表示する行為は、禁止されている。

保険商品のしくみ

  • 個々の契約者がさらされているリスクの大きさは、さまざまで、各人が負担する保険料はリスクの大きさに見合った保険料とすべきであり、これは「公平の法則」といわれる。
  • 生命保険では損害保険のように料率算出団体はないが、金融庁が定める「標準責任準備金制度」があり、各生命保険会社の保険料率や予定利率の策定は、この制度で定める水準に事実上拘束されている。
  • 保険契約は、保険契約者と保険会社との間で結ぶ契約であり。その契約内容を細部にわたって書き記し、お互いの権利・義務を定めているものとして保険約款がある。
  • 生命保険の営業保険料は、純保険料と付加保険料から成り立っており、さらに純保険料は死亡保険料と生存保険料から成り立っている。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954