がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん保険とは

がん保険とは、日本における民間医療保険のうち、原則としてがんのみを対象として保障を行うもの。ガンと診断された時や、ガンにより治療を受けた場合に一時金が支払われる商品が多い。

他にもがんの入院や通院を保障する特約や、手術特約やがん先進医療特約などがあります。

がん保険の注意点

各保険会社が販売するがん保険ですが、保障の内容に違いがありますので注意が必要です。

がん保険の保障内容

一般的なガン保険の保障内容をご紹介します。

がん診断一時金(給付金)

がん診断一時金には保険会社によってがんと診断された際に一回払いのみ受取れる商品、2年に一度、複数回受取れる商品などがあります。ガンと診断されても手術をしないと受取れない保険商品もあります。また、上皮内新生物の診断一時金は保障対象外としている商品もあれば、がん診断一時金の10%、50%、100%などと保険商品ごとに違いがあります。

手術給付金

がんの治療目的で保険会社所定の手術を受けた時に支払われるもの。

がん入院給付金

がんの治療目的で入院したときに支払われるもの。日額で支払いされる保険商品が一般的。

がん通院給付金

がんの治療目的で通院したときに支払われるもの。日額で支払いされる保険商品が一般的。

保険料払込免除特約

がん保険には保険料払込免除特約があります。がん悪性新生物)と診断されたときに、以後の保険料の払込が免除になる特約です。

 

生命保険の「がんに関する特約

がん保険の他にもがんを保障できる商品があります。例えば、生命保険のオプションに、がんの保障を手厚くできる特約など。しかしがんの特約は単独の商品であるがん保険とは保障内容が違う事があります。

がん特約は、がん保険ではない!

生命保険や共済のがん特約はあくまでも特約なので、がん(悪性新生物)を保障する商品の特約であって、「がん保険ではないという点にご注意ください。一般的にがん特約がん保険より保障が手薄いものが多いと認識してください。

がん保険の役割、がん保険のメリット

なぜ「がん」という病気だけに絞った保険があるのでしょうか?

がんは罹る人が多いから?がんは治療費がかかるから?がんは死亡原因のトップだから?

不治の病のイメージがあったがんという病気は、検診受診率の向上により早期発見されやすくなってきています。また医療技術の進歩に伴い治療を行えば治ることもあります。

がん保険は長期治療となるお金の補てんになる上に、精神的なショックを緩和できるそんな役割があるのです。

がん保険の役割、メリット1つめ

がん保険の役割、メリットの1つ目は「がん治療に掛かるお金を補填すること」ができるということです。がん治療に掛かるお金を保険金でカバーすることによって経済的損失を抑えることができます。また、がん診断一時金(給付金)は一時金で受け取れる100万円、200万円といったお金の使い道は自由なので治療費休業損害の他に代替医療、湯治などにお金を掛けられます。がん診断一時金(給付金)があれば、

  • 最新の治療を受けるために病院の選択が広がることもある
  • 遠方ではあるが、専門医のもとで治療を行えることもある
  • がんに罹った人でも前向きな治療を行える
  • 遠方のところまで温泉治療(湯治)にいくこともできる

がん診断一時金給付金)の使い道をうまく利用して自分の好きなようにお金を掛けることができる事によって治療にも前向きになれることもあるでしょう。

がん保険の役割、メリット2つめ

がん保険の役割、メリットの2つ目とできるのは※セカンドオピニオンサービスなどを活用することです。※セカンドオピニオンサービスは保険商品によって異なります。通常セカンドオピニオンサービスを受けるには数万円が掛かるといわれていますが、その費用を「無料で受けられてよかったですね」というそんな単純な理由ではありません。

がんといった難しい病気は、1つの病院の治療方法、1人の医師の考え方だけでなく専門医の意見を聞くべきなのです。

精神面のメンタルケアも有効

保険商品によっては、がんの電話相談ダイヤル、セカンドオピニオンサービスの他、がんと診断された方へショックや不安を少しでも取り除くためのガンこころのサポートといった専門カウンセラーに相談できるサービスなどがあります。

至れり尽くせりのように感じるがん保険の付帯サービスも、給付金の他にセカンドオピニオン、メンタルケアなどの付帯サービスを使えることは、命をつなぐこともあるといっても過言ではありません。

付帯サービスについてへ

お金があれば「がん保険」は必要ないのでは?

自由に使えるお金なら300万円くらいあるし・・・

「いつでも自由に使えるお金が300万円ある。」そんな人は、がん保険は必要ないのでしょうか?

がんという病気は治療費やその他に掛けるお金があります。確かにいつでも自由に使えるお金があるのならば、とても心強いことです。

ところが「がん保険」の良いところは、うまくいけば治療の都度に保険金を受け取れることになり受け取った保険金で合理的にお金を使用することもできます。

毎月の収入の中から200万円、300万円を貯蓄することは大変なことです。ところが、がん治療やその他にかかるお金を使う時の100万円や200万円というお金はあっという間に出て行ってしまうこともあります。

いつでも使えるお金が300万円があったとしても、治療方法やがんに掛けるお金の使い方によっては見る見るうちに減っていくこともありますし300万円のお金を使い果たしてしまい、何年かしてから、またがんになったと言うことも可能性としてあります。お金は使うのは簡単、だけど貯めるのは大変なことではないでしょうか?

他にも「がん保険」には付随したサービス、例えば医療相談やセカンドオピニオンが無料で受けられるという事も安心して治療を受けられるといます。自分でセカンドオピニオンを探したりするのは容易ではありませんし、セカンドオピニオンは受ければよいというわけでもありません。

保険会社の紹介するセカンドオピニオンは専門医や施設の充実した病院で治療を受ける可能性があるので、そんな時にがん保険の加入があった人と無かった人との間に差が出てしまうことも考えられるのです。

セカンドオピニオンへ

がん保険の加入率

がんのリスクにはがん保険を用意しましょう。

がんという病気と闘うためには、お金は必要になります。がんという病気は長期治療となる可能性が高いので、預貯金だけでなく何らかのがん治療を保障できる保険には入っておきたいものです。

日本人の「がんの死亡率」「がんの罹患率」は高い水準にある一方、日本人のがん保険の加入率は高い水準とはいえません。

現在、国や自治体が、がんの早期発見の為、がん検診受診率を高めようという動きがあることに対して個人個人はがん検診、がん保険に対する意識はまだまだ低い水準にあると思われます。

「自分は大丈夫だろう」という正常性バイアス、「友達は入ってないから平気だよ」という同調性バイアスに陥らないように、「自分がもし、がんになったら」どうするのか?ということを予め考えてみてください。

参考:生命保険文化センターによる、がん保険の加入率

生命保険文化センターによる「がん保険・がん特約」加入率です。

  • 平成25年生活保障に関する調査「がん保険・がん特約」の加入率
平成25年37,3%
平成22年33,1%
平成19年31,2%
  • 生命保険加入世帯(かんぽ生命を除く)の「がん保険・がん特約」の加入率
平成27年60,7%
平成24年62,3%
平成21年59,5%
平成18年56,4%
平成15年55,5%

出典:生命保険文化センター

何らかの形で、がん保険・がん特約に加入されている人も多いのですが、いつまで保障が受けられるのか?をきちんとチェックしておきましょう。

がん保険について保険のプロが解説します

お問合せはこちら

教えて!がん保険のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談は基本はメールにて、お急ぎの場合はお電話にて受け付けております。

よくあるご質問
  • 説明や契約は、こちらまで来てくれるのでしょうか?
  • 相談料とか掛かりませんか?
  • 月々3,000円くらいの保険料でお見積りをお願いできますか?

※お電話は集中して掛かりづらい時がございます。
※基本は、まずメールにてお問合せを承っております。

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954