がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

代表者ごあいさつ

ごあいさつ

こんにちは。高倉 秀和と申します。「おしえて!がん保険」にご訪問くださり、ありがとうございます。

私が保険営業を続けてきた歴史の中で、お客様が給付金を受取ったときにとても喜んで下さるのが「がん保険」の給付金でした。

お客様にとって、がん保険は医療保険で給付を受けた場合よりも喜ばれる事が多いのです。

では何故「がん保険」は他の保険と違って喜ばれる事が多いのでしょうか?実際の声を聞いてください。

がん保険の給付金を受取ったお客様の声

  • がん治療は長期になる。がんと闘うためにはお金が必要なんです。医療保険よりがん保険の一時金がありがたかったです。
  • なんとなく入っていた保険だったけれど、がん保険の加入がなかったら今頃どうなっていたことだろうか。精神的にも楽になりました。
  • がんの治療中は仕事を休むこともあります。収入が減る中で受取ることのできた給付金は大きかったです。
  • まさか自分がと思いましたが、がん保険をすすめてくれたおかげで精神的に楽になりました。
  • がんになるとほとんどの生命保険に入れない事を知った。何気なく掛けておいた「がん保険」だけれど、今、考えれば入っておいて本当によかったです。

がんになったお客様の中には、退院後にお礼のお茶菓子を持ってきてくださったり、深々と頭を下げてありがとうございましたと挨拶にきてくれたりと私は保険を売っていたそれだけなのにそんなお礼のお言葉をいただくことも少なくありません。

東日本大震災も同じようなことがありました。私は「地震保険」を販売していただけなのに給付金を受けた人から、何人もお客様からご丁寧にお礼のお言葉をいただいたことがありました。

これは人が絶望に近い感覚をもった時に保険金が出るという事にひとつの喜びを感じられ、長い治療を行う上(地震保険の場合は生活再建まで)でその人に生きる希望を与えてくれたのではないか?と思うのです。保険にはそんな効力があるのだと改めて感じさせられます。

私は、今まで保険のプロとして、多くの人との出会いがありましたが、そのうち何人も「がんと闘った」経験のあるお客様を見てきました。そして私自身が40代を超えてくると周囲に「がんに罹った」という方々が増えてきたのです。

そんな「がんに罹った人」でも力強く、治療と向き合いながら生活をしている人もいます。それとは逆に、がんを直接の原因としてお亡くなりになられた方もおられましたし、がんを間接的な原因として合併症や感染症で命を落としてしまう人もいました。

がんに罹ったショックから、お話するのもままならない状態になってしまう人や、うつ病を併発される人もいますが、その中には「がん保険の加入があったら少なくとも金銭的な不安はなかった。本人がこんなに絶望の淵に立たされる事はなかったのではないか?」と思われる人もいます。

残念な事に日本という国は統計上、男性で62%女性で46%の人が「がんに罹る」といわれている中で「がん検診受診率」は他の先進国に比べて低いのが現状です。このまま「がん検診受診率」の低さが続くとどんな事が考えられるでしょうか?がんという病気は基本的には加齢に伴う疾患なので、日本人の高齢化社会に伴い、高齢者が増えると当然がんに罹患する人が増えてくるのです。

国としても何か対策を打たないと、まだまだこの確率が上がってくるのが目に見えています。これら日本が抱えているがん医療の問題を放置してしまうと、

  • 早期発見、早期治療の時期を見失い、進行ガンの患者さんが増えてしまう
  • 医療費の増大により健康保険等の社会保障が更に増大してしまう

といった問題が加速して、私たちの生活(医療費の高騰、健康保険料のアップ)にも影響を及ぼす事になりかねないのです。

例えば胃に粘膜の上皮にとどまっているようながん(上皮内がん又は上皮内新生物と言う)が早期発見で見つかった場合、内視鏡を使った胃粘膜切除術で治療が終わってしまい99%は治療後5年生存します。しかし、胃がん進行のステージがⅢ期、Ⅳ期であれば、上皮内がんの治療よりも大がかりな手術(開腹術、腹腔鏡手術)などが必要となり、治療期間も長く必要となってしまいます。

がん検診受診率が向上することによって、早期発見、早期治療が増加すれば、早期がんの治療費は進行がんに費やされる医療費と比較して低額ですみますので、がんの医療費は激減されるのです。

当サイト「教えて!がん保険をご覧くださっているあなたには、まず「がん検診」をおすすめします。予防のためのがん検診は健康保険が使えませんが、安価で受診できる各市町村で実施されている「がん検診」を一年に一回などを定期的に、ご予算があればPET-CT検診などを受けられることをおすすめします。

そこで、疑わしい影や、がんが発見されるという可能性もありますので、検診の3カ月前(がん保険には90日の免責がある為)には保険の見直し、又は新規でのがん保険加入をお忘れならないようにしてください。

このサイトをご覧になっていただいて、がんという病気の知識と、がん検診の大切さ、がん保険の重要性を少しでも、ご理解いただけるのであれば幸いです。

「ことわざ」として残してくれている言葉

がんに罹った人は、仮に完治しても、がん保険の加入が難しくなります。その事を後で気が付いたがんを経験した人は次のような言葉を発します。

  • がん保険に加入しておけばよかった。
  • がん保険をもう少し手厚くすべきだった。
  • まさか自分が、がんになると思ってもいなかった。

人は皆、がんになる事を考えたくない事でしょう。ところが、日本人の2人に1人はがんになる可能性があるのです。

「後悔先に立たず」とならないように「備えあれば憂いなし」という言葉を思い出してください。他にも類義語で、「予防は治療に勝る」「念には念をいれよ」「濡れぬ先の傘」ということわざもあります。

民間保険の加入がなくて、がん治療がはじまってしまうと金銭的なリスク、精神的なリスクが考えられます。これらを回避する行動を「がん保険の加入」という形で起こすことをおすすめします。

 

がんの罹患(りかん)率はこちら

次ページご契約可能エリアへ

がん保険のご相談、お見積りに関して

相談料は無料です。
お見積りも無料です。
お問合せはお気軽に!

「教えて!がん保険」を見たと申付けください。

0120-27-3954

ごあいさつ

教えて!がん保険
代表 高倉秀和

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954