がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

がん治療におけるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)

QOLを自らが低下させないために

がん治療中は患者さんのQOLを落とさないように周りの人も気を付けるべきです。

がんになっても公的な支援があるわけでもなく、特に何かメリットを受けられるということもありません。

現実はメリットはなく、例えば仕事なら、会社から退職をすすめられたり、ときには解雇されることもあります。また通院治療が長引いて報酬が減額されるだけでなく居づらくなって退職せざるをえないケースも少なくありません。

がん治療に関してQOL(クオリティ・オブ・ライフ)という言葉を覚えておくと良いです。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは生活の質ということです。

がんの治療が始まると精神的、肉体的にもダメージを受ける場合が多いので、できるだけ生活の質(QOL)を落とさないように治療を続けていきたいものです。現代では世界的に患者のQOLを尊重しない医療は成立しなくなりました。

治療を続けていく上で身体に障害が残ってしまったり、薬の副作用で大変苦しい思いをする場合がありますが、患者さんはこれらのきつい治療を継続することにより精神的なダメージを受けてしまう事が考えられます。現代の医療ではこれらQOLの質を落とさないように患者さんの事を考慮した上でベストな治療を行っていただきたいものです。

患者さんが、がん治療はきついと感じられるとき、家族などの周りの人達がQOLを落とさないようにしてあげることも重要と思います。

今、あなたが「がんになった」と仮定ください。がんの治療が始まり、治ることを信じてはいるものの治療がきつく精神的に参ってしまいそうな時に、生活の質を「治療を続けるにあたり、お金は大丈夫だろうか?節約しないと大変なことになるかも知れない」という金銭面への不安もQOL低下の要因につながってしまう恐れがあります。

保険の加入は精神的にも安心できる場合があります。

がんには色々な治療法があります。がん保険の給付金で治療方法の幅が広がることもあります。

がんを経験したことのある芸人Mさんは、がん保険のコマーシャルの1シーンで、

「医療保険には入っていたけど、がん保険に入ってなかった」がん保険ってやっぱり必要ですか?と聞かれると「めちゃめちゃ大事」というシーンがありますが、まさにその通りだと思います。

がん治療を続けていく上で特別なメリットが無い中で、がん保険の加入があることは、大きなメリットとなるはずです。

  • がん保険の保険金を受取ることができる
  • 特約があれば先進医療が受けられる
  • 商品によっては保険料払込免除となる
  • 商品によってはセカンドオピニオンサービスがある

精神衛生上とても良い事と思われます。

がん保険のご相談、お見積りに関して

相談料は無料です。
お見積りも無料です。
お問合せはお気軽に!

「教えて!がん保険」を見たと申付けください。

0120-27-3954

ごあいさつ

教えて!がん保険
代表 高倉秀和

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954