がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

043-208-1635

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

加入している「保険」を点検する

がん保険に限らず医療保険にも同じことが言えますが、医療の進歩、進化に伴い保険の点検(必要に応じて見直し)は5~10年などのスパンで定期的に行うのが良いと思います。

医療の進歩に伴い医療保険、がん保険の保障内容も変化をしています。保険会社は医療の進歩に伴い医療保険、がん保険を進化(変化)しますが、若干遅れ気味(医療の進歩に追い付いていない)というのが現状といったところです。

今から10年以上前の医療保険は長期入院に備える保障(例えば1入院365日型、730日型など)にやや人気がありました。それが日本の医療費抑制政策に伴い、入院の期間がどんどん短縮する流れになり、生命保険の各会社もそれに合わせて1入院120日型、1入院60日型、最近では1入院45日型という入院の期間を短くした商品が増えてきました。

しかし長期にわたる入院がなくなったわけではなく、厚生労働省の統計「患者調査」によると、平成23年の平均在院日数は32,8日でしたが、

平均在院日数が長い傷病ベスト5

1.      統合失調症、 統合失調症型障害及び妄想性障害 561,1

2.      血管性及び詳細不明の認知症 359,1

3.      アルツハイマー病 236,3

4.      脳血管疾患 93

5.      結核 65,4

となっています。1位の統合失調症、 統合失調症型障害及び妄想性障害は現代のストレス社会が考えられ、血管性認知症、アルツハイマー病は高齢化社会から考えられる病気と言えます。

 しかし、最近の医療保険では、入院の短期化に伴い、1入院120日型、1入院60日型が主流となっていて特約で3大成人病、7大疾病などの入院保障は無制限としている保険商品が多くなっておりますが、いまのところ1~3位までの長期入院が必要な疾病に着眼した医療保険はありません。

このように医療保険は医療の変化に伴い変化していきますが、保険会社も営利企業ですのでリスクの高くなるお引受けはしない事と、医療の事情にはやや遅れ気味で商品改定となるのです。

昔に加入したがん保険は解約すべきか?

昔、加入したがん保険は現代のがん治療にマッチしていない内容となっているところもあります。では見直して新たに現行の商品へ再加入するべきでしょうか?

保険の見直しについては、「教えて!がん保険」の答えは基本NOです。基本的には新たに見直すべきではありません。見直しではなく「定期的な点検」をおすすめします。ただし、あまりにも現代のがん治療と保障の内容がかけ離れている場合には見直しをすすめることもあります。

がん保険点検の流れ
  • 今加入しているがん保険商品と現在のがん保険商品の保障内容の違いを確認して比較する

  • 保障内容は明らかに新しい保険商品の方が良いのであれば、再加入した際の保険料UPはどれくらいか?確認する。

  • 保障内容が明らかによくなり、保険料もできる内容になるなら新しい商品へ切替えるか現状のままにするかを決めましょう。加入している保障が高額な場合は必要でないと思われる特約を削除して、新たにがん保険を検討しても良いです。

保障内容はそんなに変わらなくて、保険を切り替えたときに保険料がUPするなら無理をせず今の保険を生かしましょう。

加入中のがん保険の良いところを生かしつつ、保障が手薄い部分を新しい保険商品に加入するのは良いです。

がん保険の保障内容を比較できない場合は詳しい人に見てもらいましょう。

「解約して、新たに入ったがん保険の方が保障が悪かったとならないようによくみること。

感情的な理由(保険募集人に頼まれて、担当者が変わった、担当が嫌いになった)の解約は良いとはいえません。

医療の進歩に伴い保険商品は改定されたりします。昔、加入した医療保険やがん保険が現在ではあまり役に立ちそうにない(例えば長期のがん入院だけを重視した商品や入院の免責期間のある商品)という商品をたまに見受けられます。あきらかに切りかえた方が良いと思われるがん保険よりもこのまま続けていかれた方が良いと思われる場合の方が多いです。

がん保険に限らず、保険は定期的な点検が重要と言えます。

次ページ定期保険と終身保険両方の加入へ

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

教えて!損害保険

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します。「統合賠償責任保険ビジサポ」「労災あんしん保険」など

教えて!火災保険

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内。「マンションドクター火災保険」「すまいの保険(住自在)」「住宅安心保険」など

0120-27-3954