がん保険のことなら、千葉県千葉市中央区のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険のプロが何故がん保険は必要なのかを教えます!

「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険の運営は、保険代理店のあおば総合保険株式会社です。

お電話の際は「教えて!がん保険」を見たとお伝えください。
※関東にお住まいの方限定です。

0120-27-3954

電話受付時間

平日 :9:00~18:00
土曜日:9:00~17:00

あなたにがん保険の必要性を教えます!

がん保険は何故必要なのかを多くの皆様に知ってもらいたい「教えて!がん保険」

「教えて!がん保険」へようこそ!

がん保険は必要なのかな?そのように思われた方は多いと思われます。誰かにがん保険をすすめてくれたことがあるけれど、必要か不要か判断できずに放置してしまった。そんな経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

がん保険は何故必要なのか?保険のプロが解説していきます。

はじめに

がんという病気は色々な種類や治療法があり、手術で治る場合もあれば、ステージによっては治療が長引いたり後遺障害が残ることもあります。そんながんという病気はとても難しい病気と言えます。

がんという病気を聞くとすぐに死を連想される人もいることでしょう。ところが現代ではがんは早く見つける事ができれば治療により治る事も多々あるのです。「生きるために治療をする」その為にがん保険はとても役に立ちますので、必要性はあると弊社は考えます。

がんという病気は難しいのですが、がん保険はわかりやすい商品が多いです。ですが、注意したいのは、がんという病気になる前にがん保険を用意しておくと言う点です。

「自分がまさかがんになると思わなかった」「がん保険がこんなに重要だと思わなかった」などと後悔しないようにしてください。

これからの時代、がん保険は必要な保険です!

「教えて!がん保険」は、一般の人には難しい「がん保険」を保険のプロがあなたに何故必要なのか?を教えるサイトです。

「がん保険」は生きるために必要な保険といえます。あなたがもし、がん治療の闘病生活になった時保険に入っていて良かった、保険に入っておけば良かったと思われるかも知れません。日本人の2人に1人が、がんになると言われている時代だからこそ、がん保険は、とても必要で重要な保険と考えられます。

がんと保険の関係について

がんの治療が長期になってしまったり、病院に払う治療費以外にお金も掛かったりします。がんの治療がはじまると今までと同じような仕事が出来なくなることもあります。つまり、治療費などのお金が掛かる上、収入が減少するリスクあります。

日本人のがん罹患率は診断技術の進歩や高齢化社会などの理由により上がり続けています。はじめての大きな病気が「がん」であった。そんな事が現代では決して珍しくはありません。

そんな増え続けている、発見されやすくなっている、「がん」ですが医師から告知をされてしまったら、民間の保険に入ることが困難になってしまいます。

がんに罹ると精神的なダメージが大きいと言われますが、そんなときに「がん保険」の加入があれば、長引く治療への備えとして、とても安心できるはずです。「がん保険があなたを救う」事ができるかもしれません。

これからの時代にがん保険は必要な保険と考えます!

         「教えて!がん保険」について

がん保険は必要かな?と思われている方、向けに作られたサイトです。

当サイト管理者による経験上、主観的な考えにより作られたサイトです。

客観的な「がん情報」のデータを交えて必要性を解説していきます。

がん保険の必要性-日本人のがん罹患率は男性62%女性46%

がん罹患率上昇の3つの要因

​診断技術の進歩と検診受診率の向上によってがんが発見されやすくなっている

添加物の入った食事や飲酒、運動量の低下など生活習慣によるもの

高齢化社会によって高齢者人口が増えている

日本人に増え続けているという事に目をそらさないようにしてほしいと思います。もしもあなたがいつか「がんになった時に「がん保険は必要だった」と後悔しないようにしておくことが望ましいと弊社は考えます。

がんの罹患率についてはこちら

がん保険の必要性-女性特有のがんとは?

子宮頸がんと乳がんについて

「若いから自分は関係ないだろう」20代ならほとんどの人はがんは自分には関係のないことと考えると思います。

確かに年齢が上がるほど、がんに罹る確率は高くなるものですが、女性の特有の「子宮頸がん」20代から30代にかけて。「乳ガン」30代から40代にかけて罹患率が上昇するのが特徴的です。

女性は20代など特にお若い時からでも女性特有のがんに備えてなんらかの民間の保険をご用意されることをおすすめします。

がん保険の必要性-「がん」は治る病気に

がんは昔と違い治ることもありますので、医師から突然「がんの告知を受ける」そんな事もめずらしくはないようです。

「がん」と言えば昔は死を連想させる病気でしたが、現在では治療技術の進歩により治る病気、根治を目指せる病気といわれるようになりました。

がんという病気は罹患率が高まる一方で、がんの死亡率は減少しています。医療技術の進歩に伴いがんに罹っても根治や延命を目指せると言えます。

また「がん」の種類や部位によって治療方法も様々であり、その治療方法の選択を患者が希望することもできます。それらの理由により「がんの治療」に掛かるお金、掛けるお金も様々なのです。

がん保険の必要性-がん検診はとても重要です!

「がん検診」その前に保険の用意を

「がん」は早期発見、早期治療で治る場合もあれば、がんが発見された時には進行していたり、進行のスピードがとても早いがんは治らない場合もありケースバイケースです。

ですが一般的ながんは1センチの大きさになるまで10年くらいかかると言われますので、早期に発見するには定期的ながん検診が必要といえます。

早い段階でがんを見つける手段としてがん検診は有効なのですが、がんになると保険加入が難しくなってしまいます。

がん検診の前に医療保険がん保険を用意しておくことも重要なのです。

がん検診の受診率についてはこちら

がん保険の必要性-厳しい保険会社の加入時の審査

がんになると「保険」の加入が難しくなると気が付いた時には・・・

恐ろしい病気でもある、がんですが「もし、がんになっても保険はその後考える」という考えでは楽観的といえます。何故なら保険会社は、がんの疑いやがんの可能性があると、保険商品の中でも比較的入りやすいがん保険に入らせてくれないからです。

例えばCT検査で肺に5ミリ程度の影があった時にそれがなんらかの炎症のあとなのか腫瘍なのかわからないと医師から経過観察と告知された場合、がん保険や医療保険の加入は難しくなります。

がん(悪性新生物)が発見され治療を行っていくこととなった場合は新たにがん保険に加入できなくなることがありますので、あなたがその時に加入しているがん保険の保障内容こそが「一生涯付き合うこととなる、とても大切な保険」となる可能性があります。

がんに備える保険を用意するなら、できるだけ早めに加入しておく必要があります。

本当にがん保険は必要なの?

がんは普通の病気と違って罹ったらお金が掛かると聞くけれど、実際はどうなんだろう?がん保険は必要なのか?医療保険だけではダメなの?「教えて!がん保険」では、そんな疑問に答えます。

  1. がん保険ってどんな保障が必要で重要なの?
  2. 医療保険以外にがん保険が必要なの?
  3. 保険の期間は更新型と終身型のどちらがいいの?
  4. 皆さんどれくらいのがん保険に加入しているの?

そんな「がん保険」「医療保険」の疑問に
保険のプロがこのサイトでお答えします!!

当サイトではがん保険の必要性、上手な掛け方などについてアドバイスを致します。

がん保険は一度加入したら安心とは言えません。がん保険を既に用意されている人も定期的な点検は必要です。

加入している「がん保険」をチェックするのも必要

「がん保険」は単に入っていれば安心と言い切れません。例えば10数年前に販売されていた「がん保険」は長期入院に備えることを重点に置いた保障もあります。

ところが、現在のがん治療は短期入院→外来治療というケースが増えていますのであなたが昔加入した保険が現代の医療事情に合っていない場合も考えられます。

現在加入しているがん保険をチェックしてみましょう。

保険会社の付帯サービスにも注目

セカンドオピニオンなど付帯サービスに注目してください。

がんの治療は、患者さんにとって不安なことばかりです。治療のことや副作用に後遺症のことなど専門的なことは専門家に聞きたくなることでしょう。

がん保険を販売する保険会社によっては、付帯サービスがあります。付帯サービスの内容は保険会社によって異なりますが、

セカンドオピニオン、専門医紹介、健康相談などがんの患者とても役に立つことが考えられます。

がん保険を検討するときには、付帯サービスの違いにも目を通しておくのが良いでしょう。

がん保険の加入検討に欠かせないのは医療保険。補償の重複に注意するために「教えて!がん保険」では「がん保険」の他に「医療保険」についても合わせて相談を承ります。医療保険も必要であればお気軽にご相談ください。

医療保険とは

ご契約までの流れ

お問合せからご契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは弊社までご連絡をください。メールまたはお電話にて

無料相談

メールまたはお電話にてお話を伺います。

お見積り

保険設計書にてお見積り内容を確認ください。

ご契約

お申込み内容にご納得いただけたら、ご契約※となります。

※ご契約は必ず面談が必要になります。

「がん保険に入っていて良かった」と思うことはどんなこと?

  • お金の精神的不安の解消
  • 収入減による当面の生活費の確保
  • 医療費の費用をまかなえる
  • 病院の選択肢が広がる
  • 治療方法の選択肢が広がる

あおば総合保険㈱の教えて~保険シリーズ

個人、個人事情主、中小企業の損害保険をご案内します

個人向け、マンション管理組合向け火災保険のご案内

0120-27-3954